香港賽馬満貫全席 ~香港競馬あれこれ~

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

デニス・イップ師通算200勝
(つちやまさみつ at 06/09 00:00)
[1/3ページ]
沙田日賽。
メインは第8Rの[シ匯]豐卓越理財盃(HSBC Premire Cup/HSBCプレミアカップ T1400m R95+ 香Gr3)。今シーズンの匯豊卓理財賽事系列(HSBC Premier Series)の最終戦でもある。
告東尼(A Cruz/アンソニー・クルーズ)厩舎8頭出しで、そのうちの喜蓮精彩(Helene Brilliant/ヘレンブリリアント)が圧倒的1番人気。
喜蓮戦略(Helene Pillaging/ヘレンピラギング)がゲート内で落馬で告東尼1頭脱落。好スタートから勁闖(Tiber/タイバー)が一旦は先手を取るも、内から最軽量の再領風騷(Egyptian Ra/エジプシャンラ)がハナを奪い、勁闖、帝聖名駒(Regency Horse/リージェンシーホース)と3頭が固まって先行。喜蓮精彩はこれらを見るように5馬身離れた5番手を追走。
軽快に飛ばす再領風騷に対し、後続は何故か手応えが良くない。あーあーあーあーと思っているうちに、再領風騷が楽々と逃げ切り。1.20.6の好タイム。2着に道中最後方でレースを進めた開心(Survay Survay/サーベイサーベイ)が追い込んだものの、勝った再領風騷からは2馬身3/4先。喜蓮精彩はなんとか3着を確保。

再領風騷の鞍上の戴勝(S Dye/シェーン・ダイ)はこの勝利で匯豊卓理財賽事系列の騎手部門を優勝。調教師部門は沈集成(D Shum/ダニー・シャム)師に。

10着入線の魔術師(Oriental Magic/オリエンタルマジック)は鼻出血を発症。


第1Rの新馬(Griffin)で福将臨門(Mascot Fortune/マスコットフォーチュン)がデビュー戦を勝利。姉にAustralian Oaksを勝ったLa Volta。父はFusaichi Pegassus。
鞍上の柏寶(B Prbble/ブレット・ブレブル)はこの1勝だけ。一方、韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は2勝で、リーディング上位の差が5勝に再度広がった。

第4Rで管理する得眾(Leader/リーダー)が勝った葉楚航(C H Yip/デニス・イップ)師が開業通算200勝を達成。来シーズンから日本人大物オーナー所有馬を管理するとかしないとか。

第10Rの3班戦で駿寶(Maribeau/マリボー)が香港移籍4戦目で初勝利。オーナーは愛倫(I Allan/アイヴァン・アラン)元調教師。勝
[6]次ページへ>>

コメント(0)
トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

このブログのトップ
Seesaaブログ