主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2013年04月27日

勝手にQE2C展望

 香港に来てます。もちろん女皇盃(Queen Elizabeth 2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)の取材。

 ということで、勝手に出走馬分析。

 1.雄心威龍(Ambitious Dragon/アンビシャスドラゴン)
 疑いようのない香港現役のエース。来週の冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)に連闘を予定しているのと、たまに意味不明なポカがある点は気になるけれども、ここは力が違う印象。枠順も内過ぎず外過ぎずドンズバ。

 2.加州萬里(California Memory/カリフォルニアメモリー)
 沙田の2000メートルに限れば雄心威龍と同等の力量の持ち主。前走がスローペースと軽い心房細動と敗因も明らか。最内枠を引いたことで、前めで競馬をすることも予想される。人気を落としているのでねらい目。

 3.エイシンフラッシュ(榮進閃耀/Eishin Flash)
 一団のスローからの切れ味が身上でそこに展開がハマるかがポイント。それ以上に、到着時の腹の巻き上がり方や、ややタイムが出すぎたきらいのある水曜の追い切り(21.9秒/400m)の影響が気になる。応援はしたいのだけど。

 4.軍事出撃(Military Atack/ミリタリーアタック)
 Gr1香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ)を勝って、返す刀で前走のGr3と、いずれも強い勝利。ただ鞍上は潘頓(Z Parton/ザック・パートン)から乗り替わりで簡単にこの馬のペースに持ち込ませてもらえるかどうか。

 5.自由好(Thumbs Up/サムウアップ)
 昨年の2着馬で、今回が昨年のシンガポール遠征以降の休養明け3戦目。徐々に復調しており、往年の力を発揮できれば今年も好走できそう。ただ8歳後半という年齢はやはりマイナス。

 6.魔法幻影(Irian/イリアン)
 すっかり影が薄くなったこの路線の常連。とはいえ悲観的な負け方をしていないので、いきなり突っ込む可能性も。

 7.Treasure Beach(瑰寶灘/トレジャービーチ)
 転厩しても芝中距離ドサ周り担当で、昨年に引き続き参戦。その昨年が好位からの競馬でルーラーシップに軽くひねられており、距離も馬場も合わないんでないかと。

 8.續領風騷(Zaidan/ザイダン)
 昨年、4歳限定のGr1香港経典盃(HK Classic Cup)を勝ち、シンガポール航空国際カップでも2着に好走した。できれば時計がかかって欲しいタイプ。ひと雨きて、スローペースになれば。

 9.事事為王(Akeed Mofeed/アキードモフィード)
 今年の香港ダービーを断然人気で制した。ダービーは一昨年の雄心威龍と同水準の好時計をどう評価するか。4番枠を引いたことで、雄心威龍に位置を取らせない競馬もできるアドバンテージも怖い。

 10.醉必勝(Ashkiyr/アシュキール)
 3歳半ばまでフランスのロワイヨデュプレ厩舎に所属し、Gr2のPRIX GUILLAUME D'ORNANOなど重賞3着が2回。転入後は未勝利。ここでは家賃が高くないかい。

 11.霸王神駒(Clackerjack/クラッカージャック)
 昨年のUAEダービー2着馬のYang Tse Kiangが移籍して改名。転入後の成績は控えてダメ、先行してダメ。うーむ。

 12.爪皇豪火(Wrath of Fire/レイスオブファイア)
 ニュージーランド2歳Gr2で2着の実績。ただ香港移籍後は3班が最高の勝ち鞍。ここでやかなり家賃が高い。

 13.Sajjhaa(詩詞歌賦/サージャー)
 今年のドバイミーティングで大ブレイク。ドバイデューティフリー路線とこのレースは連動することが高いので当然主力。いろいろ追い風(笑)のサイード・ビン・スルール厩舎というのもポイント。

 14.Igugu(瑰麗珍寶/イググー)
 南アフリカ最強牝馬ながら、ドバイ遠征後はやや期待倒れの感が強い。しかもまさかのアジアサーキットに回されて、ちょっと不憫な気も。まさか香港で見られるとは思わなんだ。ただ調教の動きは上々。鞍上も爪皇凌雨(Vengeance of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)とのコンビでコースを熟知している。

 レースのポイントは誰がハナを切って、どのペースで行くか。ドバイから転戦の牝馬2頭がややデリケートな気性なので、そのまま行かせることも。あとは2頭の香港ダービー馬の位置取りが、そのまま2頭の明暗を分けそう。エイシンフラッシュは13番枠はかなり痛い上に、すぐ内が同じような位置取りになりそうなトレジャービーチ。1コーナーまでにこれをどう捌けるか。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

イスタンブールにて

 福山の余韻を引きずりつつ、ただいまドバイに向かっています。直行なら半日で行けるところを丸2日間かけて。

 で、現在は折り返し地点(地図上でもまさに折り返し)のイスタンブールで、トルコ航空が長時間トランジット客用に用意してくれたホテルでだらっとしてます。

 チェックインしたのが現地時間で6時半ごろ。現在10時すぎ。これだけいれば空腹になるのですが、ホテルの朝食は45トルコリラ(≒2300円)と、ケチケチ移動に堪える金額。なので、我慢してましたが、さすがに限界で、近所を散策。
 しかし、ホテルのロケーションは、市内と言うよりは空港に近く、この時間からやってるお店が少ない。さらに、早く休みたかったわしは、トルコリラを持たずにここまでやってきた。
 ホテルを出たところで、露天のパン(みたいなの)屋さんを発見したが、当然カードなぞ切れず。次に見つけたケバブ屋さんも然り。

 うわー。まいったなー、と思っていると、目の前にガソリンスタンド発見。もちろん給油するのではなく、海外では当たり前にあるスタンド併設のコンビニに向かうのだ。カードが使えることも確認。

 だがしかし、店内はトルコ語しかない。しかもトルコ語はゲルマン語派でないので、全く英語とシンクロしておらず、頼るものは商品そのものの見た目しかない。
 (そのくせ値段は「1.5TL」とアルファベット使っとる)

 うへえー、と思いながら、眉をしかめて商品を物色してると、かわるがわる店のお姉ちゃんや、その辺のおっさんが声を掛けてくる。

 地元の人「〇 ̄♂〓%&#$?」
  わし「(何言ってるかわかんない…)」
 地元の人「(こいつ、トルコ語わからんのかい)」
  わし「・・・」
 地元の人「(英語で)どこから来た?」
  わし「(英語で)おー英語だ。日本!」
 地元の人「ジャパン! オハヨゴザマス」
  わし「(何故か片言で)オハヨウゴザイマス!」
 地元の人「(満足げ)・・・」
  わし「・・・」
 地元の人「(満足げなまま去る)」

 これが3人繰り返されました(´Д`)

 見た目と直感で選んだところ、サラミサンド、クリーム入りクロワッサン、よくわかんないモコモコしたクリームサンド、と水をゲット。モコモコしたクリームサンド以外は普通に日本のコンビニパンな感じでした。これで総額5.5TL。ホテルで食うより1/8で済みましたでやんす。
posted by つちやまさみつ at 17:57| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

新説・福山とわし

 思うところあって、母方の祖母の両親の出生について調べなおしているという、母とその世代の親戚たち。その母から、愛媛だと思われていたルーツが間違っていたと、本日聞かされる。

「愛媛じゃなくて広島なんだって」

 …。
 何かムニャムニャっとしたものが、背中を下から上へと這いずり上がっていく。ふつうの人ならビビビッてあれなんだけど、もっとぬるっとした質感だった。

 まさかなー、
 んなこたーねえよなー

 と思いつつ、
「広島のどこよ?」
 と尋ねる。

「安那郡湯野ってとこなのよ。それも2人揃って。」

 それ今の福山市ですがな!
 (゜Д゜!)(;゜Д゜)

 さっき背中をむにゃむにゃ上がっていったものが、血の気と一緒にサーーッと引いていく。

 思えば、何で福山競馬に?と聞かれても、これと答えられる理由がないっちゃなかった。それは単純に、わしの表現力が足りなくて、わしの中に刺さってくる福山競馬の良さを、適切な言葉に置き換えられないからなのだと思っていた。いや、実際そうで、自分で自分に対しても何だか説明がつかないところがあって、モヤっとしていたわけなんだけど、とてもオカルトながら、この事実で妙にスッキリと納得してしまいました。キモいけど。

 しかしなー、もっと早く知っておきたかった。でも、なくなる前に知れてよかった。
 残る2ヶ月、堂々と「ふるさとのひとつです」と言うことができる。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福山競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

グッドババ復帰

 あけましておめでとうございます。
 本年もぼちぼちとやっていきますんで、よろしくお願いいたします。

 沙田日賽。

 メインは第9Rに行われた、元日おなじみの華商會挑戰盃(Chinese Club Challenge Cup/チャイニーズクラブチャレンジカップ T1400m 香Gr3)。1番人気は1班を連勝中の驌龍(Real Specialist/リアルスペシャリスト)
 雅雪(Aasiq/アーシク)が先手を取り、2番手に甜將(Captain Sweet/キャプテンスイート)が追走。驌龍は中団の内をじっくりと追走。直線に向いて甜將が先に抜け出すが、横一線の後続の中から馬群を縫って、喜蓮標緻(Helene Spirit/ヘレンスピリット)が一気に突き抜け、外から追い込んだ驌龍以下を押さえて勝利。鞍上は潘頓(Z Parton/ザック・パートン)。
 勝った喜蓮標緻Arasinの名で3歳までフランスで出走。2歳時にはPlanteurを破ったほか、Gr3のPrix des ChenesでBehkabadの2着などの実績がある。移籍前後を通じて重賞初勝利。
 
 第1Rで歡惑(Affection/アフェクション)に騎乗した郭能(N Callan/ノエル・キャラン)に不注意騎乗があったとして2開催日の騎乗停止。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

香港国際競走ウイーク

 ご想像どおり火曜日より香港に来ております。
 今回は書き物レポート系の仕事がほとんどありませんので、のんびり過ごせるかと思いきや、インタビューがあったり、根回しがあったり、交渉ごとがあったりと、逆にいつもり忙しく過ごしております。ちなみに本日は、新報馬簿を発行している、新報さんのオフィスにお邪魔しました。オフィスは香港島の東の果て。プレスホテルが沙田から香港島に戻ったからいいものの、えらい遠いっちゅうの。

 ところで今回の香港、到着した火曜日と、翌水曜日の朝は非常に天気が悪く、12月としては異例なほどの悪天候でした。日本でも報道されている、フィリピン沖に停滞している台風の影響が懸念されていて、最悪のケースとしては国際競走当日に上陸もありうるなんて話もありましたが、その台風が全くこちらに向かってくる様子がなく、このまま天気も崩れることなく当日を迎えられそうでほっとしております。


 さて、おしらせです。

 グリーンチャンネルで放送されます香港国際競走中継で、春のクイーンエリザベス2世カップに引き続き現地レポートをやらせていただきます。日本馬の応援の合間(もちろん日本馬じゃなくてもいいですがっ)に、お楽しみいただければ幸いです。

●放送時間

12月9日(日)16:45〜18:00

《出演者》
司会:坂田博昭
解説:合田直弘(海外競馬ジャーナリスト)
実況:吉本靖
現地リポート:土屋真光(競馬ライター)

※日本馬の出走状況等により、放送予定が変更となる場合があります。
※発走時刻等の変更により、放送時間が変更となる場合があります。

http://www.gch.jrao.ne.jp/program/special_honkon_chukei2012.html


posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする