主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年08月24日

47番窓口 単勝元返し

 馬偉昌(W Marwing/ウェイチョン・マーウィン)が調教で蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)に初騎乗。週明けにもバリアトライアルを敢行する予定。


 朝、ちょい出遅れで札幌競馬場へ。この日はマルちゃんこと丸田騎手のおじいさんおばあさんと一緒になって、マルちゃん応援デー。2鞍も勝っちゃったよ。しかも韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)でも勝てなかったネコパンチだ。
 一方、我らが(?)マツリダゴッホは体が戻らず。定量戦なのでどうにかしてくれるかとお思ったが、レコード決着を自力で動いて2着なら、格好はつけた部類ではないかと。体さえ減らなければ、香港カップも勝てるんだがのう(と未練タラタラ)。
 行列のできる窓口に軽くときめく。おかげで馬券に集中できず。あと、何故か目印として役に立ってしまった1日であった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

良血シフー マカオ重賞2連勝

 澳門[乙水]仔(Taipa/タイパ)夜賽。
 メインは第4Rの夏季錦標(Summer Trophy/サマートロフィー T1200m 3yo+ 澳Gr3)。
 澳洲情懷(Bennetts Green/ベネッツグリーン)が好スタートから先行すると、1番人気の宮殿福將(Palace General/パレスジェネラル)以下5、6頭が一団。直線に向いて粘る澳洲情懷の外から宮殿福將が交わしにかかるが、道中先行集団の直後インコースで息を潜めていた師父(Si Foo/シフー)がその間を割って先頭に。じっくり脚を貯めた師父の伸びは自力で動いた宮殿福將に勝り1着でゴール。後方から追い込んだ放(Let Go/レットゴー)が3着。
 師父は6月に行われた澳門沙地短途錦標(Macau Galaxy/マカオギャラクシー)に続いて重賞2勝目。米国産で英国で7戦3勝の後、澳門へ移籍。父はFusaichi Pegasus、母のAscensionは00年のPrix de Calvados(法Gr3)、01年のPrix de Astarte(法Gr2)を勝利したという良血。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

釜山→香港?

 澳門[乙水]仔(Taipa)夜賽。シンガポールターフクラブとの親善開催。
 メインは2,3班サンド1600mの新加坡賽馬會親善盃(Singapore Turf Club Goddwill Cup)。トップハンデの天凱芯(Teamhappy Sum/チームハッピーサム)が好位から直線抜け出して勝利。日之勝(Nittan's Winner/ニッタンズウィナー)が心房細動を発症して競走中止。

 ファン還元馬(?)の幸運之友(Macau Lucky One/マカオラッキーワン)が第13Rのサンド1300mに4戦目の出走も7着まで。
 

 なんという幸か不幸か、オリンピック馬術のチケットが入手できてしまうことに。複数枚手に入りそうとのことだったので、方々にお伺いをするも、残念ながら芳しい返事は得られず。そして最大の問題は、このチケットが8/12の競技のもの。8/10に釜山で韓国オークスを見る予定のわしは、どう動けばよいのやらである。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

久しぶりに聞く董驃氏の名

 澳門[乙水]仔(Taipa)夜賽。
 第7Rに芝1000mカップ戦の澳門評馬同業協進會盃(The Association Of Macau Racing Journalists Cup)。中団からじわじわと押し上げた南莊英雄(Namjong Hero/ナムジョンヒーロー)が直線延びて差し切り勝ち。
 第6Rに絶大な人気を集めながら一昨年死去した俳優・競馬評論家の董驃(Bill Tung/トン・ピョウ)氏の名を冠した芝1800mの董驃(Bill Tung)。先行2頭からやや離れた3番手のインを追走した皇家金幣(Mint Royal/ミントロイヤル)が、直線で内から抜け出して勝利。今年の1月に行われた見習騎手招待競走で、岩手の高橋悠里騎手が騎乗した馬。


 新シーズンより香港に参戦予定の2名の見習騎手は、ともに7月末に研修先のニュージーランドから帰国し、合流する予定。

 北海道シリーズに遠征中の韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は7鞍に騎乗して1勝2着1回。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

原始クーラー

 前日に引き続き福山。
 福山駅で赤見千尋嬢をピックアップして、一路競馬場へ。オッズパークグランプリということで、出走馬の各地元特産品を特設テントで売っていたのだが、何故か別府騎手がはちきん鶏@高知の売り子をやっていた。
 とにかく前日に引き続き暑い福山。特観席では冷房が追いつかず、厩舎に置くような氷柱が何本も登場。なんとも原始的なクーラーであったが、これを総動員で運び入れる福山のスタッフのホスピタリティに思わず唸ってしまった。

 肝心のオッズパークグランプリはキングスゾーンがよもやの3着で、笠松のマルトヨマルヨスポットが優勝。大型馬なので福山のコーナーはしんどいと思ったのだけど、器用にかつ力強く回ってきた。2着はマルチヨマチカネモエギ。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

マカオダブル重賞はともに初タイトル

 澳門[乙水]仔(Taipa)日賽。
 ダブル4歳サンド重賞。

 まず第3Rに澳門沙地短途錦標(Macau Galaxy/マカオギャラクシー S1000m 4yo 澳Gr3)。断然の人気は溢勝精神(Nittans' Spirit/ニッタンズスピリット)。
 先行勢に外かわ加わり4コーナーでは単独先頭に立つ勢いだった溢勝精神だったが、前半で脚を売り切り直線は全く伸びず。道中後方集団から、大外を回って直線入り口で前を射程圏内に入れた師父(Si Foo/シーフー)が直線ジワジワと伸びて勝利。師父の父はFusaichi Pegasus。一番後方から直線だけで伸びた創新領域(Creative Nimberone/クリエイティブナンバーワン)が2着。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

マカオまたまた台風で中止

 澳門[乙水]仔(Taipa)日賽。…と思いきや、台風で中止。予定されていた澳門金盃(Macau Gold Cup/マカオゴールドカップ)も順延に。


 昨年、イタリアの2歳芝1800mのGr3であるPremio Guido Berardelliで2着となった後、香港の薛達志(A Schutz/アンドレアス・シュッツ)厩舎に移籍したMagico Marcoが、歡天喜地(Power Drifter/パワードリフター)と命名。

 ゲームのプライズでジョッキー型USBメモリがもらえるらしい。すげー欲しい。


 謎の耳痛発生。原因はおそらく親知らず。何年か前にも同じパターンで数日間悶絶したのだ。我が家にある鎮痛剤と抗生剤で大丈夫かしらん?
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

内田さん踏んだり蹴ったり

 澳門[乙水]仔(Taipa/タイパ)夜賽。

 第11Rにサンド1000mのオープン、嘉達(Guarda)。
 バラバラとしたスタートから好ダッシュを決めたのは澳洲情懷(Bennet's Green/ベネッツグリーン)で、あっという間に3馬身先行。一団になった後続集団から魔術猫(Magic Cat/マジックキャト)が3コーナー手前で抜け出し単独2番手。イン3番手を豁達開心(Lascaux/ラスコー)が追走。ハイペースで飛ばす澳洲情懷が直線に向いて一瞬は後続を引き離すも、お釣りがなくなりいっぱいいっぱい。とはいえこれを追いかけた2番手集団も同様の手応え。そこに伸びてきたのが中団でレースを進めた溢勝精神(Nittan's Spirit/ニッタンズスピリット)。しかしこれも抜け出したところで、脚があがりはじめてしまい、そこへ地力に勝る豁達開心と最後方で脚を貯めた閃電出撃(Count Baracca/カウントバラッカ)が強襲。ゴール前は3頭が横一線に並ぶも、わずかに溢勝精神が凌ぎきった。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

クリスフライヤースプリント

 騏綵(Absolute Champion/アブソリュートチャンピオン)は帰ってこなかった。1番のゼッケンをつけた厩務員はいつまでも愛馬が帰ってくるのを待っていた。賀賢(D Hall/デイビッド・ホール)氏に肩を支えられながら、柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)だけが泣きながら帰ってきた。その姿を撮る事はできなかったわしはジャーナリスト失格かもしれんが、でもできん。

 1昨年の香港の再戦は、またも決着のつかないまま終わってしまった。あのときよりも後味悪く。そして、もう二度と決着はつかない。
posted by つちやまさみつ at 22:38| 香港 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらば遅咲きのスピードスター

 沙田日賽

 メインは第9Rの1班芝1600mの亞洲電視盃(ATV Cup)。飛馬王子(Royal Prince/ロイヤルプリンス)が取り消し。
 加州[山/顛]峯(Californiamountain/カリフォルニアマウンテン)がいつものように先行。再戰群雄(Gold Striker/ゴールドストライカー)と厚利多(Hawks Bay/ホークスベイ)が並んで2番手。爆炸(Viva Macau/ビバマカオ)が何故かいつもと異なり後方から。4角を回って4番手から時尚風采(Joy And Fun/ジョイアンドファン)が伸びると連れて友誼至上(Fellowship/フェローシップ)も。インから厚利多が伸びようとするが、ことごとく前が塞がり、ようやく前が開いた時点では万事休す。先に抜け出した時尚風采はゴールを過ぎていた。最後に接戦となった2着争いはわずかに友誼至上が先着。
 爆炸の鞍上の潘頓(Z Parton/ザック・パートン)は向正面で危険騎乗があったとして2開催日の騎乗停止と15000HKDのペナルティ。
 

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

おはようからおやすみまでクランジ

 澳門[乙水]仔(Taipa)日賽。

 第11Rに芝1200mの1班の亞威羅(Aveiro)。
 澳洲情懷(Bennetts Green/ベネッツグリーン)が先行し、1番人気の宮殿福將(Palace General/パレスジェネラル)が2番手から。3〜4コーナー中間で、5番手のインを追走していた歡笑出撃(Fraar Noon/フラーヌーン)が外に持ち出して一気に進出。直線に向いて外から歡笑出撃が先頭に並ぶと、先に抜け出した宮殿福將を早々と交わしそのまま押し切り勝ち。4番手でレースを進めた真妙星(Amazing Star/アメージングスター)が終い伸びて2番手に浮上。内田利雄騎手騎乗の紫電清霜(Famous Sword/フェイマスソード)は後方のまま見せ場なく8着に敗れた。

 その内田騎手は4鞍に騎乗。第5Rの2着がこの日の最高で、やや停滞中。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

皮肉にもハッピーワンダラー

 澳門[乙水]仔(Taipa)日賽。

 第7Rに澳門三冠の第2戦の澳門盃(Macau Cup/マカオカップ T1500m 3yo+ 澳Gr2)。人気は放下(Let Go/レットゴー)。
 快樂森林(Happy Wonderer/ハッピーワンダラー)が押して先手を取るも、向こう正面入り口でじわっと外から精靈(Stephanie's Pet/ステファニーズペット)がハナへ。離れた3番手に内田利雄騎手の精英豪傑(Supreme Hero/シュプリームヒーロー)と搖滾小子(Rock n Roll Kid/ロックンロールキッド)が追走。4角あたりで精靈の手応えが怪しくなり、インから快樂森林が接近。精英豪傑も追い上げようとするがこちらもいっぱいに。直線に向いて快樂森林が抜け出すと同時に後方待機の放下が強襲。しかし、快樂森林が最後まで押し切った。皮肉にも、快樂森林は前走は内田騎手の手綱で澳門打[ロ比]大賽(Macau Derby/マカオダービー)で1番人気だった。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

内田騎手ダービー制覇ならず

 澳門[乙水]仔(Taipa)日賽。

 重賞2発でメインは第7Rの澳門打[ロ比]大賽(Macau Derby/マカオダービー T1800 4yo 澳Gr1)。なんと内田利雄騎手騎乗の快樂森林(Happy Wonderer/ハッピーワンダラー)が1番人気。

08MacauDerby.JPG

 その快樂森林はスタートで安目。遅れてはならぬの気合をつけたら、逆にファイティングモードに点火。内田騎手が抑えてもどうにもならず、直線に向いて早々に失速し9着に惨敗。管理する魏行孝(H K Ngai/アレン・ガイ)調教師はこのレースの後ムッとしっぱなしで、内田騎手とは会話せず。
 一方、レースを制したのは先行勢を見る位置でレースを進めた花臣(Farson/ファーソン)。直線に入るまでじっくりと機を伺い、ゴーサインとともに一気に抜け出して、2着の倶樂部(Club House/クラブハウス)に2馬身1/4差の勝利。澳門打[ロ比]預賽(Macau Derby Trial/マカオダービートライアル)と澳門堅尼大賽(Macau Guinee/マカオギニー)の勝ち馬によるワンツー。花臣のオーナーは、昨年内田騎手騎乗で澳門堅尼大賽を制した同駿(Hellion/ヘリオン)と同じく李海元(ビンセント・リー)氏。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

台風1号

 澳門[乙水]仔夜賽。
 内田利雄騎手は5鞍に騎乗するも3着が最高。

 第11Rにサンド1300mの艾爾(The Ayr)。醒目開心(Warcat/ワーキャト)が取り消してスタンバイの紫電清霜(Famous Sword/フェイマスソード)が出走。
 ハナを切ったのは内田騎手騎乗の旭日之光(Beautiful Sun/ビューティフルサン)。これを濠江之仁(Chimemaster/チャイムマスター)と水晶(Aquatic Star/アクアティックスター)が追い掛ける流れ。4コーナーで2番手以下を振り切った旭日之光であったが、直線に向くと外から閃電出撃(Count Baracca/カウントバラッカ)があっさり交わして先頭に。後方から飛奔[ロ巴](Showman/ショウマン)と街知巷聞(I Am Famous/アイアムフェイマス)が追い込んだが前には届かず、閃電出撃が1着。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

嬉し悔しでミスターピンク

 澳門[乙水]仔日賽。

 香港との交流G1の澳港盃(Macau Hong Kong Trophy/マカオホンコントロフィー T1500m 3yo+ 澳Gr1)。1番人気は香港から遠征の再領風騷(Egyptian Ra/エジプシャンラー)。昨年の覇者である獎門人(Crown's Master/クラウンズマスター)は11倍見当で5番人気。
 獎門人が先手を取るも香港の開心多多(Full Of Joy/フルオブジョイ)が外から絡みつく流れ。間隔を置いて再領風騷と新力勁(Sunny King/サニーキング)。当日の朝降った雨の影響で渋り気味の馬場を考えるとやや速い流れ。4角を回って開心多多がアタマひとつ抜け出したがここからが大混戦。外から新力勁と再領風騷、間をこじ開けるように内から嘉林之寶(Ka Lam Fortune/カーラムフォーチュン)、そして大外から内田利雄騎手鞍上の精英豪傑(Supreme Hero/シュプリームヒーロー)が放下(Let Go/レットゴー)を連れて強襲。そして結果はご存知のように精英豪傑。いつになく鞭を入れる内田騎手のアクションに応えるかのように突き抜けた。2着にインを伸びた嘉林之寶。3着も放下でマカオ勢ワンツースリー。
 勝った精英豪傑はレーティングでは14番目、人気も14頭の12番人気、オッズは69倍という人気薄。「馬場が渋って上がりがかかったのがよかった。インに入れずに外に持ち出したのも正解でした」と電話の向こうで内田騎手。名実ともにG1ジョッキーの仲間入りである。
 ちなみに内田騎手は第1Rでも勝利を挙げ、この日2勝で再び1日1勝ペースに戻した。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

マカオホンコントロフィーに内田騎手騎乗

 4/13に行われる澳港盃(Macau Hong Kong Trophy/マカオホンコントロフィー T1500m 3yo+ 澳Gr1)に出走する各馬のジョッキーが発表。
澳門
獎門人 (Crown'S Master)   錢健明 (K M Chin)   129
穩中求勝 (Safety Investments)   何華麟 (W L Ho)   120
延續發展 (Continued Success)   史丹利 (B Stanley)   119
放下 (Let Go)   林凱 (H Lam)   119
搖滾小子 (Rock N Roll Kid)   高君濤 (L Corrales)   118
嘉林之寶 (Ka Lam Fortune)   杜西奧 (F Durso)   114
冠全球 (Global Win)   路易斯 (L Duarte)   107
精英豪傑 (Supreme Hero)   内田利雄 (T Uchida)   107

香港
再領風騷 (Egyptian Ra)   [ン先]毅力 (E Saint Martin)   133
心中有理 (My Choice)   柏寶 (B Prebble)   125
開心多多 (Full Of Joy)   黎海榮 (H W Lai)   123
新力勁 (Sunny King)   白コ民 (D Beadman)   123
開心 (Survey Survey)   高雅志 (F Coetzee)   122
開心之星 (Maverick Star)   鄭雨[シ眞] (Y T Cheng)   111
(馬名/騎手/斤量(ポンド))

 内田ピンクさんG1騎乗キター。107ポンドってしんどくないか?澳門側はドバイ帰りの獎門人(Crown'S Master/クラウンズマスター)の調子がどこまで戻っているかがポイントとなりそう。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

内田騎手マカオギニー連覇ならず

 澳門[乙水]仔日賽。

 第7Rに澳門堅尼大賽(Macau Guineas/マカオギニー T1500m 4yo 澳Gr2)。昨年は内田利雄騎手が同駿(Hellion/ヘリオン)で優勝したゲンのいいレース。内田騎手は今年は自厩舎とも言える魏行孝(H K Ngai/アレン・ガイ)厩舎の快樂森林(Happy Wonderer/ハッピーワンダラー)に騎乗。1番人気は澳門打[ロ比]大賽(Macau Derby Trial/マカオダービートライアル)を勝った花臣(Farson/ファーサン)。奇しくも同駿と同じオーナー。
 溢勝精神(Nittan's Spirit/ニッタンズスピリット)が先手を取り、其實開心(Qianjin Road/キャンジンロード)が追いかけて速い流れ。快樂森林は行きっぷり悪く後方2番手から。
 4コーナーを迎えると先行2頭の脚色が怪しくなり、3番手からジェニュイン産駒の倶樂部(Club House/クラブハウス)が外に持ち出して先頭に。さらにインを突いて白玉駒(Best Jade Horse/ベストジェイドホース)が一気に進出し倶樂部に並んで2頭の叩き合いに。直線いっぱいを使った叩き合いは、僅かに外の倶樂部が先着。鞍上の彭浩然(R J Perez/ロベルト・ホセ・ペレス)は2週連続の重賞勝利。勝負が決したところで、大外から快樂森林が飛んできて3着。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

香港勢ビバパタカの2着が最高

 ドバイミーティングの続き。

0803DDF1.JPG 0803DDF2.JPG

 飛んで第5Rに行われたDubai Duty Free(杜拜免税店盃/ドバイデューティフリー)には牛精福星(Bullish Luck/ブリッシュラック)と俊歡騰(Floral Pegasus/フローラルペガサス)が出走。俊歡騰はスタート直後から行きたがるそぶりでなだめなだめレースを進めたが、直線で今ひとつ弾けず3馬身差の7着。一方、牛精福星はいつものように後方待機であったが、こちらはいつも以上に伸びを欠き13着と惨敗。勝ったのはJay Peg(精闢圖像/ジェイペグ)。鞍上はA Marcus(馬安東/アントン・マーカス)、南アフリカでの所属厩舎はB Marcus(馬佳善/バジル・マーカス)という香港には縁深い相手で素直に祝福。上位3頭は揃って次走の目標は香港とのこと。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

内田騎手重賞で惜敗

 澳門[乙水]仔日賽。

 メインは第9Rに行われた春季錦標(Spring Trophy/スプリングトロフィー T1400m 3yo+ 澳Gr3)。人気は前走で董事盃(Director's Cup/ディレクターズカップ)を勝った延續發展(Continued Success/コンティニュードサクセス)。
 んが、スタートで延續發展がやや安め。一方好スタートを切ったのは内田騎手鞍上の輕快如飛(Hong Kong Power/ホンコンパワー)。先に行きたい醒目開心(Warcat/ワーキャット)、宮殿福將(Palace General/パレスジェネラル)らを先に行かせて3番手でピタリ。直線に向いて前を射程権に入れた輕快如飛が満を持して先頭に立った瞬間、道中最後方を追走から最内を躊躇なく突いた冠全球(Grobal Win/グローバルウィン)が一気に内を突き抜けて先着。完全に手中に入れたところで内田騎手はショックの敗戦。

 かと思いきや、第11Rで襌山行(A Walk In Simshan/アウォークインシムサン)で勝利。これで騎乗開始以来5日連続勝利継続となった。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

内田騎手4日連続勝利

 澳門[乙水]仔夜賽。

 第11RにオープンS1000mの瑪瑙(AGATE)。
 澳洲情懷(Bennets Green/ベネッツグリーン)がビュンビュン逃げて魔術猫(Magic Cat/マジックキャット)が追いかける展開。4角回ったところで先行勢がいっぱいになり、徐々に進出してきた豁達開心(Lascaux/ラスコー)が外から替わって先頭に立つとそのまま押し切り。中団から威之盛(Vance/バンス)が伸びて2着、後方から内田騎手鞍上の閃電出撃(Count Baracca/カウントバラッカ)が追い込んで3着。いつになくアクションが大きかった。

080315RedPants.JPG

 その内田騎手は第7Rを紅[ネ庫]仔(Red Pants/レッドパンツ)で勝利し、この遠征4日連続の4勝目。ちなみ写真はその前に同馬に騎乗したときのもの。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする