主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年10月07日

ジョッキークラブがGoffsセールで4頭購入

 アイルランドで行われたGoffs Premier Saleで香港賽馬會は4頭をお買い上げ。
 Cape Crossの産駒は母:Elegant Ridgeがドイツ1000ギニー2着馬。
 父:Giant's Terlingua、母:In Truthの牡駒は、近親にGulfstream Park Hを2勝などしたBahrensがいる。
 父:Rock of Razyana、母:Moon Unitの牡駒は祖母の兄弟にオールドヴィック、スプラッシュオブカラーがいて、日本にうっすら縁がある。


 翌日よりまたちょいとしたレクチャー作業がありその準備に終始。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

語学力ギザホシス

 12月に向けてあれやこれや手配や問い合わせをしている。このあれやこれは本来やるべき本業の方がおるのであるが、言いだしっぺになってしまったので、わしがもろもろ動いている次第。やっぱり香港を楽しんで欲しいし。
 しかし思うようになかなか話が進まない。まずもってわしの英語力の低さに起因して、これによるネゴ力(りょく)の弱さが問題。あとは相手が香港人故の回答ペースのゆったりさ。この答えにしても、わしに英語力があれば、うまいこと引き出せている気もするんですがね。
 来年あたり、仕事のボリュームが減ったところで3ヶ月くらい語学留学に行こうかしらん。…と思って早ン年。仕事が猛烈に増えたわけでもないけど、切れ目もないのはありがたい限り。

 ところで、繁体字でメールを送ると、十中八九先方で化けるのである。これはこれで由々しき問題なのであるが、解決法がさっぱりんこ。いや、これが解決できたところで、繁体字のメールがサクサク書けるわけでもないのだけれんども。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

また薬物で取り消し

 9/21の沙田日賽第9Rの1班戦(芝1400m)獅威[ロ卑]酒挑戰盃(SKOL Cup)に出走を予定していた勝眼光(Sight Weener/サイトウィナー)が、競争時に体内への残留が認められていない薬物が検出されたとして、出走取り消しに。このケースはこの開催2頭目。


 午後から中山。週明け入稿の仕事が入ったので、競馬よりどちらかといえば根回しの挨拶。今回はちょっと変化球勝負なのだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

危うく(また)炎上

 香港は中秋節。

 前夜はもはや朝に近い時間に金都水療坊に入ったので、昼過ぎまでダラダラしてしまった。その間、タイ式マッサージ90分と足マッサージ60分をそれぞれ2セットずつ受けてしまうほど。あといつものことだがメシは壊滅的にマズい。うっかり食って満腹になってしまったりすると、相当に腹立たしい。

 重い腰を上げて、一旦ヴェネチアンに向かい、荷物を預けてちょいと調べ物を兼ねて市内へ。ここで痛恨。預けた荷物にカメラを放り込んでしまっていた。やっちまったなぁ!
 再びヴェネチアンに戻り、小銭稼ぎ。一旦勝ちを確定させテーブルを離れた後、欲をかいて同じテーブルに戻り大惨事。だが、そこから必死かつ冷静な消火活動で前日を越える勝ちに戻して撤収。500ドル欲張っただけでえらい目に遭うところであった。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

お知らせとか。

 すっかり周回遅れですみません。

 本日9月13日発売の週刊プレイボーイで「秋競馬は「この買い銘柄」で資産倍増ウッハウハ!」という記事を書かせていただいてます。いつもより入稿日が早いのでおかしいなぁ、と思っていたら、連休進行だと気付いたのは昨日でした。


 では、中山経由でちょいと香港行ってきます。行かないつもりだったのに…。あー、パラリンピック見てぇー。


 以下、追記。周回遅れの分は追って。
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 12:52| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

ウニ三昧

 澳門賽馬の来シーズンの調教師ライセンスが発表。内田利雄騎手や岡部誠騎手を受け入れていた魏行孝(A Ngai/アレン・ガイ)調教師が、陳日存(Y C Chan/チャン・ヤッチョイ)調教師との協同厩舎に。


 札幌5日目。またまたタケシ君ナビゲートで一路積丹へ。積丹ブルーがすげぇ。吸い込まれそうな青だった。カムイ岬まで足を伸ばし、岩のスケールがおかしいことに紛糾。「痛風になって死んでもいい」を合言葉のようにして、行きも帰りもウニを食いまくり。心残りはホッキを食えなかったことか。

 しかし、移動が多くて腰が死んだ札幌であった。何しろ、毎晩マッサージや鍼を呼んだくらい。週末に新潟が控えているので、どうにかメンテしないと。
 
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

さらに北海道グルグル

 澳門[乙水]仔夜賽。
 メインは第7Rに組まれた芝1500mの1班戦の杜克狄卡薩(DUQUE DE CAXIAS)。
 スタートでやや安めを売りながらも、徐々に進出した爵士樂(Jazza Bell/ジャッザベル)が、4コーナーで前を射程圏に捉えて直線半ばで早々と抜け出すと、差を詰めてきた白玉駒(Best Jade Horse/ベストジェイドホース)をクビ差しのいでゴール。


 札幌開催には目もくれず、静内経由で帯広というアホな強行軍。途中WINS静内でダイバクフをケチって痛い目みたり、今年の1月に取材で訪れた鳥井牧場に顔を出させていただいたり、愛国駅跡で無駄にテンション上がったりしながら、日も落ちて帯広着。
 土曜の開催は純度の高いばんえいファンが多く、同行の某GC出役に誰からも声が掛からず。軽く凹んでいたように見えたのは気のせいではないはず。

 最終レースまできっちりやり(やられ)、霧の中をドワーっと札幌まで日付が変わる前に帰還。時速を計算してはいけない。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

札幌行きだだ遅れ

 今シーズンもシーズン開幕直前イベントをやりますよ、と。香港に住んでれば絶対行きたいのだが、わざわざ日本から飛んで行くのもなぁ、と。

 またまた台風が接近中。大丈夫か、澳門の夜賽。


 日中の業務をこなして札幌へ。羽田で飛行機に乗り込み、女子ソフトボールの決勝戦の中継(だいたい5回くらい)がスクリーンに映し出されていたので、それで観戦。いつの間にか寝てしまっていたら、ちょうどゲームセットの瞬間であった。…つまり、全然飛んでいなかったわけで。どうもゲリラ豪雨(という言い方は実はキライ)が直撃したらしい。なもんで、予定より大幅に遅れて千歳着。先発隊を引きずり出してすすきの界隈で一杯。札幌はさすがに涼しいだね。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

自走式カツマル

 香港におけるオリンピックの全日程が終了。大きなトラブルもなく、めでたしめでたし。


 夜は川崎へ。スパーキングサマーカップはベルモントサンダーがアッサリ。カツマル君の愛想がばかに良く見えた。そしてあろうことか、普段はちょっと歩くのにも介助が必要なカツマル君が、なんとこの日は自力歩行していた。よからぬことでも起きなければよいが。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

プリンセス・ハヤ来港

 澳門[乙水]仔夜賽。…は、取り立てて大きなニュースはなし。レース名は全部「○○奥運」であった。澳門に昼間で居たのに、馬券すら買わんであった。なんとなくスマンという気分。

 シェイク・モハメド殿下の夫人プリンセス・ハヤ(哈雅公主)が香港賽馬會の生化学研究所を訪問。国際馬術連盟会長でありIOCの委員としての来訪なのだが、当然国賓級のおもてなし。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

深夜便で香港着→マカオへ

 北京オリンピック障害馬術個人予選1日目。日本から出場の杉谷泰造選手とカリフォルニア号は減点0で1位タイ。佐藤英賢選手とカヤックDH号は減点1で14位タイ。


 初の羽田発深夜便利用で香港へ。羽田の国際線ターミナルはこれが2回目の利用なのだが、やっぱり不便。循環バス乗り場はわかり難いし、本数も少ないので、相当余裕を持って行かないといつか痛い目を見そうである。ラウンジはビックリするくらい広すぎる一方で、シャワーとかは見たところナシ。収容人数が売りなのだろうか。
 定刻よりちょい早め香港に到着。優先イミグレカードの自動化を申請しようかと思ったら窓口は23時でクローズ。では、と矛先を変えて急いで入国し、バス乗り場へ走ると北角行きの空港快速バスにセーフ。宿は高くて取っておらんので、上環からマカオへと向かうのだ。終戦記念日の日本人の行動としてどうかと思うところだが、オリンピックということでOKということにする。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

日本チーム残念

 オリンピック馬術は馬場馬術団体の決勝と個人の予選。日本チームは残念ながら10位。個人は予選突破ならず。


 釜山→香港と来て来週末は札幌。こちらはエアもホテルも手配できているのだが、現地での予定は日曜日以外はノープラン。ということで、どう過ごすか?という議題のメールの応酬。金曜は現地ホスト(笑)にお任せ、土曜は帯広まで遠征、月曜は現地で出たなり、という方向性でまとまる。軽く帯広まで、と書いたが、ちょっとハードじゃねぇか?
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

戸崎リピート

 日本遠征予定の蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)がボチボチと始動。9月にバリアトライアルを2、3本行って、日本にやってくる予定。


 夕刻から黒潮盃の大井。ノリノリの戸崎騎手鞍上のギャンブルオンミーが58Kgにも関わらず快勝。このところの夜の重賞は毎度毎度戸崎が勝つもんだから、リプレイを観ているような気になってくる。

 そも含めて平穏な1日。だったと思う。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

初スターフライヤー

 今年4月に行われたAustralian Derbyで13着だったSteel Giantが香港へ移籍。移籍金は100AUD以上とのこと。李易達(A Lee/アマンド・レイ)厩舎に入る模様。

 澳門の華人騎手の邵強(K Siu/シゥ・コン)が、澳門のライセンスを返上。希望していた香港へ攻馬手として移籍が叶うこととなった。


 北九州からANAとのコードシェアながら初のスターフライヤー利用。それほど革張りにはこだわりはないのだが、このシートはかなり好きかも。
 羽田のカードラウンジでおりゃーと原稿をこさえた後、新宿に移動して打ち合わせを1本。その後、新宿に残って原稿の続き。んが、入ったマクドナルドは全然無線LANが繋がらず。あちこち彷徨ってどうにか原稿を送信できた。何階にもなっている店舗は気をつけたほうがよい、と学習。

 ということで、Webハロンに今回の釜山の取材を載せていただきました。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

釜山から帰国

 ヨーロッパ転戦中の巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)がTiza(蹄瀟灑/ティザ)に騎乗してPrix Maurice de Gheestに出走するも8着。勝ったのはMarchand D'or(黄金商人/マルシャンドォール)でこのレース3連覇。ちなみにTizaとMarchand D'orはともに昨年の香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)に出走し、Tizaは8着、Marchand D'orは6着だった。
 ところで、Prix Maurice de GheestのGheestはいつからゲストって読むことにしたのじゃ?なら、ペリエもペスリエに戻さないと。


 前夜酔いと戦いながらひいこら原稿をやっつけ明け方就寝。いつの間にか牛山さんを見送った浅野さんと昼前にロビーで合流し、ロッテカジノへ案内。浅野さんがカードを作ってる座ったBJであっつう間に炎上。儲けを全部吐き出した。そしてジャガルチ市場は行けず。
 失意のズンドコでホテルに戻り、徒歩で船着場へ。わしはビートル、浅野さんはフェリーのチケットを購入。ビートルのチケットをカードで購入して領収書を求めたところ、カードの控えが領収書なので出せない、と。しかもフェリーターミナル利用料は現金でよこせ、と。この国のこういうとこがイヤ。日本が二度手間なら、ここは五度手間だわ。
 ゆっくり出発の浅野さんを置いて一足先に帰国。小倉に向かい旧友と久々に飲んで北九州泊。翌朝一番の便で東京へ帰るのである。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

台風一過の香港

 台風一過の沙田の馬場では、調教中の落馬が続出。幸いにしていずれの人馬にも大きなケガはなかった模様。

 星島日報の馬経網がリニューアル(?)に向けてしばらく閉鎖。って、たまたま星島の記者に聞いて判ったもので、一般に向けてはノーアナウンスですがな。


 台風は西の方に逸れてくれた。よかったよかった。

 競馬とは関係ない業務の方で、シリアスなセキュリティインシデントが発生。単純に意識の問題。便利になるほどITリテラシーは不要になるのだが、もろにその弊害が出てしまった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

シャイニンレーサーのトランシーバー

 函館で短期騎乗中の韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は7鞍に騎乗して2勝3着2回。うち1勝はわしのココロの桜花賞馬シャイニンレーサーの仔ピサノシンボル。
 シャイニンレーサーについては、今でも抽選さえ抜ければ阪神3歳牝馬Sはヒシアマゾンといい勝負をしていたと思うほど。その入れ込みっぷりは、当時の彼女が「シャイニンレーサーのトランシーバー!!」と訳の判らない寝言を口走るほど。どんだけシャイニンレーサーの話をしてたんじゃ。


 釜山への旅程を確保するのに当たって、もろもろ調べたのであるが、どうにもうまく安く済む手段が見つからない。お盆なのよね。それもこれもスタアラに拘っているのがいけない。今のところ福岡までダイレクトに飛ばず、伊丹を経由して行くつもり。これでちょいと節約できるのだが、その分朝が早くなるのがネックである。続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

顔面変形

 函館遠征中の韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は8鞍に乗って3着が最高。函館記念ではピサノパテックに騎乗したが6着だった。
 その韋達は1週間だけ免許を延長して、8/10まで騎乗するとかしないとか。函館2歳Sの騎乗依頼があった模様。


 クルマを定期点検にディーラーに持っていったら、どこかで顔面をぶつけられていたことが発覚。確かによーく見ると右側のバンパーがちょいとゆがんでる。人を小ばかにしたようなイヤな笑い方をする人みたいな感じになってしまった。出費が多い月を控えているのに、これはダメージでかすぎ。
 そんなトラブルもあって、浅野さんに府中の花火に声をかけていただいたのだが行けず。そこで矛先を変えてこの日開催の大井へ。一瞬プラスも修理代捻出のため欲張った結果トントンで終了。世の中うまくいかないようで。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

アジアぐるり

 澳門[乙水]仔(Taipa)夜賽。

 第4Rに3歳限定重賞の里斯本挑戰盃(Lisboa Challange/リスボアチャレンジ T1400m 3yo 澳Gr3)。
 評分トップでトップハンデの多歡笑(Happy Forever/ハッピーフォーエバー)が、先行集団の直後のイン追走から、直線残り150mで抜け出すと、中団から差を詰めた太陽無敵(Sunshine Sure Win/サンシャインシュアウィン)の追撃を押さえ込んで勝利。前哨戦の里斯本短途錦標(Lisboa Prelude/リスボアプレリュード)2着から巻き返し。


 函館遠征中の韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は2鞍に騎乗して1勝。負けたほうの馬の名前はディアギレフ。ディアギレフと言えば、03/04シーズンの女皇盃(QE2C/クイーンエリザベス2世カップ)を勝った駿河(River Dancer/リバーダンサー)の旧名と同名。ちなみに駿河にも韋達は騎乗経験アリ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

韓国のナイター事情

 新シーズンの調教が7/21にスタート。そのセレモニーが沙田で行われ、その様子が賽馬會のWebサイトにもアップされたが、見た目にもわかるほど芝コースコンディション悪すぎ。台風連発の影響が大きいとのこと。


 前日、盛岡より帰る際に牛山さん@岩手ケイシュウと8月の韓国オークスについて情報交換(というかもらう一方)。ナイター開催の予定が昼間開催になったことはうすら伝え聞いていたが、その理由が原油価格高騰。このご時世に電力食うようなことをバクチごときがやっちゃならん、ということでの自粛だっとのこと。今まさに途上期にある韓国の競馬であるが、途上期はそれなりに逆風も強いのだそうだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。