主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2016年03月10日

そろそろ再開しようかと

 もう、エイプリルフールにしか更新しないんじゃないかとも言われて、全く否定ができません。んが、最近「香港競馬キャラ」というのを忘れられ始めている気がするので、ちょいちょい更新をしようかと思いますです。どっかでまたぱったりやめるかもだけど。

 さて、この頃のあたくしといいますと、今年は1月にインド・ムンバイで開催されたアジア競馬会議に行ったくらいで、あとはその翌週に香港にちょっと行ったぐらい。カタールの国際競走デーも今年は諸処の事情で行けず、比較的国内でまったりと過ごしております。まったりと言いつつ、それなりに生きてます。
 今後のスケジュールですと、3月末はドバイには行かず、同じ日に高地競馬場で行われる元福山所属騎手招待競走に行って、翌日は高松宮記念に。去年、エアロヴェロシティ見逃したのはやっぱり痛恨。4月から5月にかけては女皇盃(Queen Elizabeth 2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)と冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)、それと国際G1に格上げされた主席短途獎(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ)に、もしかするとKYダービーじゃないアメリカ三冠のどっちかに行く予定。オーストラリアのザ・チャンピオンシップスも実は思案中。お仕事、絶賛受付中です。

 一方、香港競馬では何が起きているかざっくりまとめ。
 まず、天久(Lucky Nine/ラッキーナイン)が引退。
 首飾太陽(Sun Jewelry/サンジュエリー)が鞍上の莫雅(R Moore/ライアン・ムーア)、管理する蔡約翰(J Size/ジョン・サイズ)ともども史上初の香港4歳三冠に王手。
 莫雷拉(J Moreira/ジョアン・モレイラ)、もう今シーズン100勝。
 あと思い出したらまた書くです。
posted by つちやまさみつ at 12:02| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

シンガポールのカジノのメモ

 シンガポールには、マリーナベイサンズとリゾート・ワールド・セントーサの2ヶ所にカジノがあります。で、この2つのカジノの、特にブラックジャック系のカードゲームに、ローカライズされたものがあったので、自分向けの覚え書きも兼ねてちょいと書いてみます。

 と、その前に。
 セントーサの外貨両替レートは異様に悪いです。シンガポールの中に限れば、悪徳といっても差し支えない、むしろ空港の方が全然良心的なぐらい。あと買い物枠キャッシングは500SGD以上からだそうな。

○Pontoon 〜ポンツーン〜
 ぐぐるとBJのアレンジバージョンとして紹介されているのが出てきますが、シンガポールのカジノで採用されているのとはちょっと違うようです。シンガポールでのルールは以下のとおり。
 ・使用するカードはA〜9と絵札。つまり「10」がない。
 ・BJを含む子の「21」は親の手順を待たずして自動的に子の勝利。
  日和ってイーブンマネーとかしなくていい。
 ・サレンダーできるのは親のオープンカードが絵札かAのとき。
 ・ヒットしてからサレンダーできる。ダブルでヒットしてからでもできる。
 ・但し、サレンダーしても、親がBJだった場合は満額ボッシュート。
  つまりサレンダーを宣言したところで半額戻ってくるわけではない。
 ・6-7-8、7-7-7での「21」や、5枚以上での「21」でボーナス。
  「21」ピッタリでないとダメ。

 とにかく、10を抜かれているので、ベーシックストラテジは根本からちょっと考えが変わってくる。何しろ「10」に該当するものの出現率がBJは3割ちょいなのに対し、こちらは2割5分。ダブルだって期待薄である。その分、アグレッシブに行けるかというと、ちょっとそうでもない気がする。

○Pontoon Pandemonium 〜ポンツーンパンデモニウム〜
 ポンツーンに厄介なプログレッシブゲームがくっついたもので、サンズだけにある。
 基本的なゲームはポンツーンと同じ。プログレッシブにベットするとBJになったときに、ボーナススロットを回せる。スロットの目は×3〜×100(たぶん)で、プログレッシブベットのチップ額にこの倍率が配当される。ミニマム25SGDのテーブルで5SGDの100倍が出ると、その後の人生設計がすごく楽になるのだけど、そもそもBJにならないと話にならないのが厄介。

○Black Jack Switch 〜ブラックジャックスイッチ〜
 こちらはセントーサのみにあるもの。えらいものを考えやがるな、という感想しかない。
 ・1ボックス2ハンドまで持てる。もちろん1ハンドでプレイしてもOK。のはず。
 ・当然ミニマムでもその2倍を1ゲームに使う。
  つまり、ミニマム25SGDなら2ハンドで計50SGDベットする。
 ・配られた2ハンドの2枚目同士をスイッチ(入れ替えること)ができる。
  例えば、1ハンド目がAと6、2ハンド目が5とJで、
  6とJをスイッチできる(6と5の入れ替えは×)。
 ・スイッチの有無に関わらずBJも1:1の配当。
 ・ディーラーの「22」は強制タイ。つまりディーラーのバーストは「23」以上。
 ・プログレッシブベットにより、初期2枚×2ハンド内でのペア、3カード、4カードなどでボーナス。

 ディーラーのバーストが「23」以上というのと、BJで1.5倍もらえないというのがファッキン。負けるときは一気にドボドボ負ける、勝つときはセコセコ、という感じ。勝てるイメージがポンツーン以上に沸かんです。

 あと、普通(?)のBJにも、他の国では見かけないプログレッシブがありました。ラッキー8とかいうやつで、ディーラーのオープンカードと自分の配札とがペアだったり、それが8だったりするとボーナス。割とややこしい。

posted by つちやまさみつ at 23:59| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

イスタンブールにて

 福山の余韻を引きずりつつ、ただいまドバイに向かっています。直行なら半日で行けるところを丸2日間かけて。

 で、現在は折り返し地点(地図上でもまさに折り返し)のイスタンブールで、トルコ航空が長時間トランジット客用に用意してくれたホテルでだらっとしてます。

 チェックインしたのが現地時間で6時半ごろ。現在10時すぎ。これだけいれば空腹になるのですが、ホテルの朝食は45トルコリラ(≒2300円)と、ケチケチ移動に堪える金額。なので、我慢してましたが、さすがに限界で、近所を散策。
 しかし、ホテルのロケーションは、市内と言うよりは空港に近く、この時間からやってるお店が少ない。さらに、早く休みたかったわしは、トルコリラを持たずにここまでやってきた。
 ホテルを出たところで、露天のパン(みたいなの)屋さんを発見したが、当然カードなぞ切れず。次に見つけたケバブ屋さんも然り。

 うわー。まいったなー、と思っていると、目の前にガソリンスタンド発見。もちろん給油するのではなく、海外では当たり前にあるスタンド併設のコンビニに向かうのだ。カードが使えることも確認。

 だがしかし、店内はトルコ語しかない。しかもトルコ語はゲルマン語派でないので、全く英語とシンクロしておらず、頼るものは商品そのものの見た目しかない。
 (そのくせ値段は「1.5TL」とアルファベット使っとる)

 うへえー、と思いながら、眉をしかめて商品を物色してると、かわるがわる店のお姉ちゃんや、その辺のおっさんが声を掛けてくる。

 地元の人「〇 ̄♂〓%&#$?」
  わし「(何言ってるかわかんない…)」
 地元の人「(こいつ、トルコ語わからんのかい)」
  わし「・・・」
 地元の人「(英語で)どこから来た?」
  わし「(英語で)おー英語だ。日本!」
 地元の人「ジャパン! オハヨゴザマス」
  わし「(何故か片言で)オハヨウゴザイマス!」
 地元の人「(満足げ)・・・」
  わし「・・・」
 地元の人「(満足げなまま去る)」

 これが3人繰り返されました(´Д`)

 見た目と直感で選んだところ、サラミサンド、クリーム入りクロワッサン、よくわかんないモコモコしたクリームサンド、と水をゲット。モコモコしたクリームサンド以外は普通に日本のコンビニパンな感じでした。これで総額5.5TL。ホテルで食うより1/8で済みましたでやんす。
posted by つちやまさみつ at 17:57| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

またまたごぶさたです

 いろいろ周辺でありまして、と大げさに言うほどでもありませんが、ブログ後回しで貧乏暇なしでやらせていただいています。そろそろ心を入れ替えて、こちらもちゃんとしようとは思うのですが、分厚い皮下脂肪と内臓脂肪が邪魔をして、心の交換ができません。うそ。ただのサボり癖発動中なだけです。

 
 以下、お知らせ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:59| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

お詫びとお報せ

 すっかりご無沙汰ちゃんです。ぼちぼち忙しくやらせていただいています。


 まずはお詫び。
 ただいま発売中の優駿12月号で、今年ニュージーランドのG1を勝った田中正一騎手と、シンガポールのラクソン厩舎で働く飯塚千裕さんのことを書かせていただいていますが、田中騎手の記事中で、「ニュージーランド出身の騎手マーク・デュプレシス」とありますが、マークの出身はニュージーランドではなくジンバブエで、ベースがニュージーランドです。細かい話ですが、ここにお詫びとともに訂正します。


 続いてお報せ。
 本日(12月5日)発売の競馬ブックに、今年のメルボルンカップを勝ったクリストフ・ルメール騎手とミケル・デルザングル調教師のインタビュー記事を書きました。主なコメントはメルボルンCのプレスカンファレンスが終わった後に時間をもらって聞いたときのものです。両名とも親日的なのでとても協力的に進められました。現地に行ったなりの記事が書けてほっとしています。ご高覧いただけますと幸いです。


 明日からこの季節恒例の香港に行って参ります。
 今年3回目。いつぞやの乱ペースを考えれば落ち着いたもんだ。
posted by つちやまさみつ at 16:50| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

今更ですが

 先週の木曜日よりメルボルンに来ております。
 ちょっと進められそうな仕事の話があり、メルボルンCはむしろ副次的。んが、その主となる仕事の雲行きが怪しい。

 で、メルボルンCの翌日の夕方にこちらを出発して、JBC当日の昼くらいに羽田に帰ります。

 アンロックのiPhone4S買ってこいとかいうお使いは、早めにお願いします。って、もうほとんど日が無いけど。
posted by つちやまさみつ at 02:10| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

渡航中

 1ヶ月ほど滞っておりますが、ただいま日本を離れております。ただいまシンガポールでトランジット中。この後、ニュージーランド→メルボルン→シンガポールと周って帰国予定。サンタアニタT見られないのが心残りでござる。
 7月は夏風邪こじらせたり、被災地だったり、情けない展開に巻き込まれたり、いろいろ後ろ倒しになったりとなんだかなという感じでしたが、ボチボチとやっとります。少しは上向きになるべく月が替わったので気分も入れ替えて。
posted by つちやまさみつ at 04:22| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

どうする台湾

 過去にノミ行為で逮捕歴のある人物と接触があったとして、香港賽馬會から30万HKDのペナルティを課せられたことに対し、異議申し立てをした潘頓(Zac Parton/ザック・パートン)の審理は、来週月曜日に行われることに。具体的に違法行為はしておらず、警告的な意味合いを含めたペナルティとしては確かに重いという印象であるが、さてどうなるか。



 いやほんと、のぼせるような暑さである。が、梅雨明けのようにも見えるけれどもさにあらず。閉塞前線は大陸のほうに押し込まれているけど、週の後半にはまた戻ってくると予想。その状態で太平洋高気圧がうりゃっと北に押し込むと晴れて梅雨明けとなるでしょう。たぶん。

 先週に引き続き夏の遠足として台湾のお誘い。今度は日程的にまだなんぼか余裕があるので前向きに検討することに。会話の中で話題に上ったのが、台北には夜遊ぶところが少ない、ということ。せいぜいナイトマーケット程度。他のアジア地域のように、競馬とか犬とかカジノとかムエタイとかがないのである。台湾の皆さんってなんだか健全。
 ちなみに我が家には香港関係の本はわんさかあるけれども、台湾に関しては1冊、10年以上前に買った渡辺満里奈の「満里奈の旅ぶくれ」のみである。別に渡辺満里奈のファンではないけど、この本はちょっと台湾に行きたくなる本。なのに、わしは台湾はここまで未踏。何故か香港にはまってしまったんだな。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

何を祭るのか

 ちょいと思うところあって、祭りというものを調べている。別にブログを炎上させたりするお下品なアレでなく。
 時の流れというものはとかくそういうものなのかもしれないけれど、今の日本の祭りって、本来持ち合わせているはずの根底にあるシャーマニズムがすっかり忘れられて、単なる人集め、あるいは人を集めるための手段だけになっている。コミュニティの繋がりを強めるという面はあったと思うがそれは副次的な役割であったはず。それがあやふやになってしまっているから、祭りを残すということに苦慮してしまったり、商業的になってしまったり、外部の人間から難癖つけられたりすることになる。その結果、「祭」という言葉の使われ方自体もおかしくなっている。
 これに限ったことではないけど、「祭」という言葉の使い方には気をつけたいところ。或いは、「祭」という字をこの際捨てて、「祀」とか「奉」とかにしてしまうとか。


 なんてことを思いながら、取材で終日都内をグルグルと。最後に立ち寄ったのが、東北のとある県のアンテナショップ。ちょうど知りたかった現地の祭があったので、同時に情報も収集できた。天の配剤に感謝。今回の取材は、取材に関連した収穫も多いけど、それとはまた別に得る出会いやものも多い。やはり外に出て、人と話すのはいいことだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

不健康マンデー

 休養していた蘇狄雄(T H So/ベン・ソー)が水曜日の跑馬地開催から復帰できる見込み。


 6月5日版のある中央専門紙の1面に掲載されているコラムに、「香港は全部セン馬。種牡馬入りした馬はいない。そろそろそういう馬がいてもいいのでは?」という旨のことが書かれていた。こういう認識は香港競馬と接点のない一般のファンが持つのは仕方がない。ざっくりとした認識としてはそんなもんである。んが、このコラムの書き手はそれなりに国際派としても名が通ってる大御所。そんな御仁でも香港の認識ってその程度なのか、と思うといささか残念。


 先週気にしていた梅雨前線は、不穏と指摘した低気圧が前夜に関東を抜けて、やっぱり変な形になった。細切れでおもろい。とりあえず涼しい梅雨になりそう。これが蒸し暑くなったら、一気に梅雨が明けそうな展開になりそう。
 そんなことはどうでもよく、実は前夜帰宅時よりひたすら原稿祭り。前の週に回った分を一気に書き上げる。終わりそうな頃合いに翌日も同じムックの取材のオファー。そんな翌日もあるというのに、一段落ついたところで飲みに出かけ、うっかり捕まって帰るタイミングを失った挙句、寝る頃には外が明るくなっておった。唯一の外出が、こんな不健康な、そんな月曜日であった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

あっという間の月曜日

 Epsom Derby(葉森打吡大賽/エプソムダービー)を土曜日に、安田記念を日曜日にサイマルキャスト発売。


 台風一過。天気図を見ると、そのまま閉塞前線を台風から転じた低気圧がそのまま北東に持って行ってしまった。前線の場所だけ見れば一見梅雨明けにも見えるのだけど、太平洋高気圧がまだまだ弱い(=寒い)上に、南シナ海に不穏な低気圧がいるので、ここから再度前線が発達しそうな気配。この低気圧も厄介な気がする。

 で。前日も早々にくたばった割に、すごく眠い1日。家事や手配ごとも含めてやることはやって抜け漏れはなかったのであるが、それらを済ませた記憶が全く無く、なんだか1日を無駄に過ごしてしまったような気がしてならない。おしまい。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

帰国

 朝になると、ウサマ・ビン・ラディン殺害のニュース。そういえばサダム・フセインが捕まったという報せを聞いたのも何年か前の12月の香港だった。香港にいる間、ここに同列に書くことではない個人的なことも含めて、必ず何か大きなことが起きているような気がする。

 …で、帰国。行き同様に機内食以外は寝てるだけ。車をピックアップして真っ直ぐ船橋へ。スマートファルコンがいつぞやと比べると、折り合いがスッとつくようになった。馬の成長なのか、騎手との相性なのか。

 船橋の後は神保町経由で帰宅。荷物だけ置いて、すぐに飲みに出てしまい、本格的に自宅でゆったりするのは夜も明けようかという頃であった。我が家の惨状に、早くも香港のホテル生活が懐かしい。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

4月おしまい

 早いもので今年ももう1/3がおしまい。
 あまりにも震災の印象が大きすぎたのと、実際に世の中というものがあの震災の以前と以後で大きく別のものになってしまったのとで、むしろ震災以前が去年の出来事のように思えてしまう分、尚のこと今年のここまでがあっという間に過ぎてしまったという印象が強い。ま、あとは年ですな。

 そんなんでも時間は過ぎていくわけで。朝は調教。昼は原稿と諸々手配関係。ちょっといい話があった。夜はまた大埔へ。ここでこの滞在2度目のメシ。今回は3名。その後、マッサージに寄って帰宿。この日判ったこと。大埔はマッサージ屋がいように多い。でもって、何故か外人が多い。どこに泊まってるんだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

まったりイースター

 香港も澳門も競馬開催のない日曜日。イースターでみんなお休み。

 朝イチの澳門フェリーターミナルは週末ということもあって長蛇の列。どっこい、新渡輪はそうでもなく、さっくりとチケットを購入。九龍に到着して、バス→MTR東鉄→タクシーと乗り継いで、きっちり沙田の調教に間に合った。かといって急いですることといえば、この日もコレ調教師の話を聞くくらい。
 昼前にプレスホテルに向かい、無事チェックイン。部屋が確保できたのにも関わらず、この日もホテル内のプレスセンターでもろもろ作業。と、同時にNHKインターナショナルで中継されていた皐月賞の観戦。日本通のガイルおばちゃんも一緒に。
 皐月賞後は無駄に広い部屋でややまったりと過ごし、夜になってカメラマンJ氏と連れ立って隣の駅までメシ。いかにも下町っぽいので何かいい店はあるだろう、と思っていたらビンゴ。そして、安宿も見つけた。あとはここがネットが繋がるかどうかで、次回以降の滞在プランが決まるかも。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

マカオで惨敗

 澳門[乙水]仔日賽。

 第5Rに芝1500mのオープン戦、肯迪斯(THE COUNTIES)。人気は澳門打[ロ比]大賽(Macau Derby/マカオダービー)3着の京華唯美(Weathervane/ウェザーヴェーン)
 スタートで安めの可可小子(My Dark Chocolate/マイダークチョコレート)が開き直って道中は後方の最内を追走から、4コーナー出口で前が横に広がったところで、一気に外に持ち出し、先に抜け出した京華唯美をゴール前で捕らえて勝利。

 最終第8Rの3班芝1000m戦を勝ったのは幸運戰士と書いてSoldier Of Fortune(ソルジャーオブフォーチュン)。あろうことかアイルランド産。しかもイギリスで走って3戦1勝2着2回。但し、当時の名前はPirate Ship。海賊船から傭兵と、どっちも血生臭い。



 90年代から00年代にかけてサッカー香港代表の主将を務めた蔣世豪(S H Cheung/チョン・セイホー)が、マンション36階にある自宅から飛び降り自殺。93年には試合開始から2.8秒でゴールという世界記録を樹立している。合掌。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

本日も国境越え

 出走予定だった女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)を回避したヴィクトワールピサ(比薩勝駒/Victoire Pisa)は、4月27日に帰国の途に就くとのこと。

 入れ替わり?というわけではないけど、女皇盃に出走予定の西國浪人(Gitano Hernando/ジターノエルナンド)が香港に到着。ジターノなの?ヒターノなの? でもって、エルナンドなの?ヘルナンドなの? という悩みは尽きないけれども、わしはジでエを採用。誰か正解教えて。


 ヴィクトワールピサはいないけど、この日の朝も国境を越えて調教へ。何故ならミールクーポンをもらっちゃったので、じゃなくて、ロベール・コレ調教師とマイク・デコック調教師のコメントをもらうため。ヴィクトワールピサがいなくなっても仕事しないと干上がってしまうので、こうなった次第。これがどうなるかもまだ判らんのだけど。
 調教の後は前日開設したプレスホテルのプレスルームで作業。こちらも回線がサクサクしてありがたい。猛烈モードで原稿を仕上げて、あとはのんびり時間いっぱいまでまったり過ごし、国境を越えて本日も宿に帰るのであった。
 ところで、深センといえば、国境を越えてすぐなのに完全に中国。明るさが節電モードの東京とそっくりなんだけど、内包するエネルギーのベクトルが、今の日本とは正反対。もっとも、深センには自粛する理由はないんだけど。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

シンセンにいます

 ただいま女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)等の取材に来ていますが、香港がでかいコンベンション祭りでホテルが目ん玉飛び出るほど高いため、週末まで深[土川]をベースに滞在しています(日曜の朝以外は毎日調教にも行きます)。
 ところが深[土川]は大陸ということもあって、ネットの情報統制下にあり、一部アクセスできないウェブサイトやサービスがある上に、滞在しているホテルのネット環境が劣悪でかなり難儀しています。原稿等はいつも以上に前倒しで作業して不測の事態に備えますが、万一届かない等がありましたら、携帯は普通に繋がるはずですのでご連絡ください。
 日曜日の昼にはプレスホテルにチェックインして通常に近い態勢に戻れるかと思います。
posted by つちやまさみつ at 02:54| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

一風堂、香港進出

 澳門で潘富達(T Pinfield/ティム・パインフィールド)師と共同厩舎を開業している蔡裕意(Y Y Choi/チョイ・ユーイ)師が独立厩舎を開業。潘富達師は新たに林銳棣(Y T Lam/ラム・ユッタイ)師をメイン調教師とした共同厩舎を開く。


 一風堂が香港・中国に進出するそうな。ちなみに香港ではトンコツラーメンが大ブレイク中。


 昼イチで船橋へ。広報に異動があったというのでご挨拶も兼ねて次開催に関してもろもろの会話を。
 続いて再開大井初日の京浜盃。クラーベセクレタ圧勝で、南関東の3歳重賞は2日続けて牝馬。キスミープリンスとの一騎打ちと見ていたので馬複としては1点で的中なのであるけど、馬単は裏しか買ってない。
 その次は約1名品川に運んだ後、成田へ。実は出発が羽田、帰国が成田で、帰国したその足でダイオライト記念に行こうという腹積もりなのだ。なので、車を事前に置いておくと言う作戦。
 電車でえっちらおっちら帰宅して手配ものの続き。何しろ香港のホテルが高いので困っりはてた。結局深[土川]の安いビジネスホテル(?)に泊まることに。1泊220元。毎日国境を越えるのがめんどくさいけどしゃーない。
 アーンド不在中の録画予約。完璧!と思っていたのだけど、肝心の香港のレース中継を予約し忘れていたことが後に発覚。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

来週のホテル

 普莱西(M Du Pressis/マーク・ドゥ・プレシス)が4月13日の沙田夜賽のレース中に左足を傷めたとして、今週末の騎乗を見送ることに。

 女皇盃(QE2 Cup/エリザベス2世カップ)に出走予定のGitano Hernando(西國浪人/ジターノエルナンド)の鞍上は以前香港で騎乗していた史科菲(G Schofield/グレン・ショフィールド)になる見込み。

 澳門にフランス人ジョッキーJ Lermyte(雷名/ジェロム・レルマイト)が参戦。7月11日までのライセンス。05年に見習いライセンスを取得し、08年よりフルライセンス取得。フランスの他にドイツ、モーリシャス、カタールで騎乗。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

超放置中ですが

 ドバイ(メイダンマスターズほか取材)とイタリア・ピサ(松田大作騎手取材)に行って来ます。23日に帰国予定です。イタリアでは電車移動もあるので、かなりの負のフラグが立っています。無事だといいなぁ。



 ブログは周回遅れもいいとこですが、そのうち一気にやる気はあります。とだけ書いておきます。
posted by つちやまさみつ at 05:59| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする