主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年03月31日

今季は荒れる新馬戦

 3/30の沙田日賽。

 メインは第9Rの3班芝2000mの香港中文大學校友會聯會盃(CUHK Almini Cup)。
 廣友名駒(Fantastic Dancer/ファンタスティックダンサー)が先手を取りゆったりとした流れ。直線を向いても廣友名駒が粘りを見せていたがゴール前で脚が上がり、外に持ち出した3番手追走の好知己(Real Special/リアルスペシャル)差し切り。2着に5番手から伸びた倫敦快車(London Express/ロンドンエクスプレス)。
 好知己の鞍上の高雅志(F Coetzee/フェリックス・コーツィー)はこのレースを含めて3連勝。

 第11Rの2班芝1600m戦で圧倒的人気の勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)が勝利。これでデビュー以来7戦連続連対で5勝目。

 応援でスポット騎乗の霍達(R Fradd/ロビー・フラッド)が、最初の騎乗となった第2Rでいきなり2着も勝利はなし。

 つい数時間前にドバイで騎乗していた柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)が帰国2鞍目の第6Rで勝利。

 第1Rは芝1000mの新馬。前回の新馬戦はどん尻人気の馬が勝ったが、なんと今回も6頭中6番人気の家家興旺(Fat Choi Ichiban/ファッチョイイチバン)が勝利。

 第3Rで盟友(Always Zieten/オルウェイズザイーテン)が2度目の心房細動。強制退役も10歳馬なので


 ドバイミーティングの翌日は昼前に須田さんに案内していただいてゴールドスークへ。インチキ時計売りや、一つ星ホテルを冷やかしているうちに、地元を相手にしているっぽい商店を発見。滞在中土産にちょうどいいものがないとうなだれていたが、女性向けではあるがわし的にヒットなお土産がここで豊作。ここならまた来てもいいかも。この国に少し愛が芽生えた。
 その後は居残り組で合流してカレー。カレー。カレー。想定内但し最大量が出てきてしまい、しかも下手に美味かったりするもんだから食い意地はって食いすぎて、2回あるバンコクへの機内食のうち1回はパス(寝てたから、というのもあるが)。しかも機内食もカレー系ときた。
 バンコクについて空港でタイ古式マッサージをみっちり。90分で900バーツは市内より高いのだろうが、ドバイから帰ってきたわしにとってはお得すぎ。
 ぐにゃぐにゃにしてもらっていざ成田へ。道中はほとんど寝て意外と苦もなく無事に帰国。着いてメールチェックしたら、香港賽馬會のT嬢が「早く申込書よこせ!」とえらい剣幕だったので、慌てて対応。どうも送ったつもりが届いていなかったようだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。