主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年03月24日

プレミアプレートはブリッシュキャッシュ

 沙田復活祭明け月曜日賽。

 メインは第8Rの精英[石[世/木]](Premiere Plate/プレミアプレート T1800 Rtg.90+ 香Gr3)。読みにくくて申し訳ない[石葉]だとなんか違うんで。。1番人気はこの距離のレコードホルダー包装大師(Packing Winner/パッキングウィナー)。
 小武士(Sir Ernesto/サーアーネスト)と加州[山/顛]峯(Californiamountain/カリフォルニアマウンテン)がやりあうように先行。これを狂野之聲(Growl/グロウル)、友誼至上(Fellowship/フェローシップ)、不老英雄(Young Hero/ヤングヒーロー)も追いかけて、この距離の重賞では久しくないくらいのハイペース。
 直線に向いて一旦一塊になったところで、ズドンと抜け出したのが後方追走の牛精財星(Bullish Cash/ブリッシュキャッシュ)。そのまま後続を突き放し、レコードにコンマ1秒差の好時計勝ち。2着に先行勢の中唯一粘り込んだ友誼至上。
 牛精財星のオーナーの王永強氏は牛精福星(Bullish Lcuk/ブリッシュラック)も所有。ドバイに向けて幸先の良い週の始まり。牛精財星の次走は5/4の皇太后紀念盃(Queen Mother Memorial Cup/クイーンマザーメモリアルカップ)の予定。

 第10Rに1班芝1200m戦。昨年のMANAWATU SIRES'
PRODUCEを勝利するなどニュージーランドで3戦無敗だった開心歡笑(Nightlign/ナイトライン)の他、2歳時英国で2戦2勝の歩歩到(Able Too/エイブルトゥー)、MIDDLE PARK Stks.5着の聖河(Achilles of Troy/アキレスオブトロイ)が移籍後初出走。人気は安畋(Enthuzed/エンスーズド)。
 電光火力(Natural Blitz/ナチュラルブリッツ)が影の薄さを払拭するかの如く先行。やや離れた2番手に開心歡笑が続き、安畋、歩歩到と続いた。
 直線に向いて早々に開心歡笑が電光火力を潰して先頭に。これを安畋が捕らえようとするが差は詰まらず、逆に歩歩到が2番手に浮上。そんな後続の攻防をよそに開心歡笑は楽々先着。デビュー戦で早くも強さを見せ付けた。この後は國美短途錦標(GOME Sprint/ゴムスプリント)か冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)に向かう予定。
 げに恐ろしきは3歳馬の歩歩到。

 巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)が朝の調教中に右臀部を負傷。大事を見てこの日の騎乗は見合わせ。

 韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が第6Rで不注意騎乗のため、8万HKDの罰金と3開催日の騎乗停止処分。

 この日が最終日の韋羨[女尼](E Willson/エマ=ジェイン・ウィルソン)は結局未勝利。


 翌日からドバイ行きなので、不在中の対応などもろもろ根回し。あらかた済んだところで、それをひっくり返されて根回しリターン。そして広東語の補講には間に合わず。4月はいつがスタートなのか判らんぞ。
 ドバイへの荷造り。…の前に香港の荷解きから。カメラやノートPCの充電したりしながら服などを詰めていったのであるが、ドバイの気候がいまいち掴めんので、大事を見てかなりの大荷物となってしまった。天気予報を見る限り、羽織るものはいらなそうにも見えるのであるが。
 なーんてやってるうちに朝。またしても寝損ねちまったあるよ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック