主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年02月24日

ドバイへ視界良好ビバパタカ

 沙田日賽。

 メインは第7Rの香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ T2000m 3yo+ 香Gr1)。ドバイ遠征を控える爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)の壮行レースでもあり、ここで内容が良ければ、俊歡騰(Floral Pegasus/フローラルペガサス)と牛精福星(Bullish Luck/ブリッシュラック)もドバイに向かうこととなっている。
 小武士(Sir Ernesto/サーアーネスト)が先手を取り、終身美麗(Hello Pretty/ハロープリティ)が2番手。爆冷と俊歡騰は並んでやや後方から。
 前半800メートルが51.2秒というドスローもいい加減にしやがれ、という展開。1200メートル通過は更に遅くなって77.2秒。こうなると逆に爆発力比べで前にいたからといって有利でもない展開。案の定、直線でヨーイドンとなったら、あっさりと爆冷が先頭に立ち、残り200メートルではセーフティーリードの圧勝。壮絶な2着争いはドバイ行きを目論む2頭で、わずかに俊歡騰が先着。叩き合いになると俊歡騰は強いね。
 爆冷はこのまま予定通りドバイに向かう。出発は3/18。

 第3Rの1班(T1600m)にシンコウフォレスト産駒の大脳(Dao Dao/ダオダオ)が出走。着差はクビ差だったものの、見た目以上の楽勝。香港ダービーに名乗りを上げた。

 第5Rで蘇銘倫(C Soumillon/クリストフ・スミヨン)が危険騎乗を行い、2開催日の騎乗停止と罰金8万HKDの処分。


 京都に着いたら吹雪であった。やばい!開催できんかもしれん!と思いながら、浅野さんに教えてもらった京都タワーの地下銭湯。身も心もスッキリして出てくると、本日の京都はダート変更はあるものの開催は確保。岡田騎手、芝コースでの騎乗はお預けか…。

 実は開催日の京都は我ながら意外にもこれが人生初。どえらい吹雪の影響もあったけど…お客さん少ないのね…。
 せっかくなのでいろいろ散策を…と思っているうちに、あっという間にウルトラエナジーの走る時間。福山FMのシゲちゃんや、福山エースの樋本さんたちと合流して観戦。
 意外にもスタートしてすぐの芝でいいを見せたスピードウルトラエナジーだったが、見ても判るように、全然中身の抜けた状態。
直線で馬群に飲まれると、最後の最後まで死守したブービー争いにも敗れた。身が入ればもう少し見せ場は作ってくれそうだ。

 競馬開催後はさっさと伊丹に向かい、ANAでトンボ返り。節約期間ではあるけど片道くらいなら許されるよね?と言うよりも、往復でバスはムリ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック