主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年02月09日

フルオブジョイで大波乱

 農暦年初三の沙田日賽。

 メインは第9Rに組まれた1班芝1400mの賀年盃(Chinese New Year Cup/チャイニーズニューイヤーカップ)。重賞ではないが重賞に限りなく近いメンバー。
 企業精神(River Jordan/リバージョーダン)が1番人気も3倍台。これに風雲遊子(Super Traveler/スーパートラベラー)、飛馬王子(Royal Prince/ロイヤルプリンス)が5倍台で続いた。
 齊歌頌(Tchaikovsky/チャイコフスキー)が先手を取り、開心多多(Full Of Joy/フルオブジョイ)がこれに続く展開。一旦は後続を引き離し、逃げ込みを図る齊歌頌に、直線残り200m過ぎから後続が殺到。2番手でじっくりレースを進めた開心多多が抜け出し、これに勝利飛駒(Joyful Winner/ジョイフルウィナー)と銀太陽(Silver Sun/シルバーサン)が迫ったところがゴール。
 開心多多は前走でも1班を勝っていたのにも関わらず距離短縮が嫌われて23.1倍という大穴。2着の勝利飛駒も得意距離にも関わらずトップハンデが嫌われて人気薄だったため、この2頭の組み合わせは160倍の波乱。三重彩は7100倍だった。逃げた齊歌頌は鼻血ブー。

  第4Rも1班で芝1200m。ドバイゴールデンシャヒーンを目指す金同徳(Tiger Prawn/タイガープローン)が3倍台で1番人気。
 五五波(Fifty Fifty/フィフティフィフティ)が逃げる直後につけた極奇妙(Ultra Fantasy/ウルトラファンタジー)が早めに抜け出し、そのまま郷村樂韻(Country Music/カントリーミュージック)以下の追撃を振り切って勝利。これが1班初勝利。金同徳は5着。スローにも関わらず直線で急激に失速した五五波は鼻出血を発症。

 第11Rで2班芝1400m。大脳(Dao Dao/ダオダオ)、爆橙(Viva Hong Kong/ビバホンコン)が久しぶりに出走。
 道中4番手のインでじっくり脚を溜めた再勝多(Prime Score/プライムスコア)が直線半ばで抜け出して勝利。2着争いは一時横一線の大混戦となったが、大外ブン回した大脳が再勝多に3/4馬身まで迫って2着。爆橙は後方から差を詰めた程度の8着。

 第3Rの最後の直線で韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)騎乗の勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)がえらくインに切れ込み、降着にはならなかったものの、12万HKDと2開催日騎乗停止のペナルティ。

 8号馬が5勝複勝圏内5回と春節に相応しいおめでたつながり。8はお金が手に入るというニュアンスの「發」と同じ発音なので、香港では縁起がいい数字とされているのだ。


 おお、ウルトラエナジーとホワイトビューが中央に出る

 京都の途中中止も別に関係なく、自宅でもろもろ作業。しかし、簡単に月曜日に順延する姿勢が気に入らん。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こないだ認定の話したばっかで中央来るのは不思議な感じがしますな。
お世話になったので応援に行きたいが、その頃の私はフロリダでござる。もしおふたりに会ったらよろしくお伝えください。
あと別件ですが、内田さんの件が良い方向に向かいつつあるよ。
Posted by 須田鷹雄 at 2008年02月12日 01:07
須田さん
可能な限り京都に行く予定です。2人がこのレース以外にも乗れるとうれしいのですが。
別件については、朗報ですね。確定したら、そちらもみんなで応援に行きましょう。
Posted by つちや at 2008年02月13日 02:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック