主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年01月30日

Cチーム+A 久々の揃い踏み

 [足包]馬地夜賽。
 カップ戦はなかったが、第3Rに2班芝2200m戦。10頭立てにも関わらず、7頭が10倍を切るオッズ。残る3頭も20倍未満と混戦模様。
 浦紅之友(Man In The Mirror/マンインザミラー)の4番手を追走していた英明大師(Eye Witness/アイウィットネス)が3コーナーから徐々に進出。直線に向いて早々と先頭に立つと、外から迫る衝勁直前(Dash Ahead/ダッシュアヘッド)らを抑えて勝利。
 勝った英明大師は、精英大師(Silent Witness/サイレントウィットネス)と同じく Arthur Antonio da Silva氏がオーナー。管理するのは告東尼(A Cruz/アンソニー・クルーズ)調教師で、今回手綱を取ったのは高雅志(F Coetzee/フェリックス・クーツィー)。つまり、精英大師のチームである。三者揃いの勝利は一昨年の10月の同馬での勝利以来のもの。

 お説教が効いたのか、この日の開催は騎乗停止に至る事故はなし。


 KarakaのPremier Yearing Saleの続き。
 IDL RACING LTD がナイサーの孫を購入。叔父に昨年香港賽馬會がセレクトセールで購入したキングカメハメハ産駒がいる。
 平井克彦氏は父Danehill Dancer、母Really Wildの牡馬を購入。いとこにSaratoga Personal Ensign S.を勝ったShadow Castがいる。
 MAGUS EQUINE LTD が購入した父Encosta de Lago、母Petta Gayeの牡馬は叔母にホーリックスがいる超々良血。また、WATC Derby2着のBallackを兄に持つTrephinaの牡駒も購入。
 姚本輝(P F Yiu/リッキー・イゥ)師は2頭の牡馬を購入。うち1頭は祖母がCaptain Cook Sを勝ち、その兄弟にOCTAGONALがいる血統。


 午後から川崎競馬。中央のGr1馬2頭が抜けてしまって、馬券的魅力も個人的に抜けてしまった川崎記念。案の定、トリガミであったよよよよ。
 フィールドルージュの西園調教師とは前日の荒尾に引き続きご対面。負けられないレースとおっしゃっていたが、見事勝利してホッとされていた様子。壮絶な5着争いはマルカカイゼルに軍配。ケイエスゴーウェイに粘って欲しかった。
 開催後は浅野さんと一緒に羽田で雑賀調教師と赤岡騎手のお見送り。さらにトンボ返りで川崎でチームUJ(仮称)に合流。帰りの車中はすっかり落ちてしまいましたよ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック