主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年01月08日

オーストラリアからの輸入制限一部解除

 馬インフルエンザの感染拡大によって禁止されていたオーストラリアから香港への馬匹の輸入について、一部ながら制限が解除されることになった。この措置は香港政府漁農自然護理署が明らかにしたもので、輸出に際しては出国前に21日間の隔離検疫が義務付けられる。1/13から隔離検疫が開始され、早ければ2/4に第1陣が出国。隔離施設のキャパシティは20頭。
 但しこれは暫定措置でメルボルンからのみの許可となり、オーストラリアの他地域からの輸入については引き続き禁止されたままとなる。仮にシドニーにいる馬を輸入する場合には、シドニーでメルボルンに移動するための検疫を受け、その後メルボルンで出国検疫を受ける2段階の検疫が必要になるとのこと。
 
 昨シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)3着以来、脚部不安で戦列を離れている冠軍廊(Champions Gallery/チャンピオンズギャラリー)が、このまま引退して種牡馬入りすることが濃厚になっている。
 香港打[ロ比]大賽後に女皇盃(QE2C/クイーンエリザベス2世カップ)をスキップしてSingapore Airline International Cup(シンガポール航空国際カップ)に向かう予定だったが、遠征直前に右前脚を故障。以来、休養が続いている。重賞は移籍前も含めて未勝利であるが、父がディンヒル、叔母にユーザーフレンドリーがいる良血から種牡馬入りのプランが上がったようだ。


 デジタル一眼レフを改めて物色中。基本的にはレース写真は撮る必要がない立場だし、本来ならカメラマンの領分なのでと思うといらないのだが、昨今の「写真も撮ってきて」的な展開の多さからは、やはり今使っているやつではちと厳しい。レースも撮ることを考えると、数打ちゃなんとやらで、連写ができるやつがええのかなぁ、とも思うのであるが、秒あたりの枚数が撮れるやつって、どれもええ値段するのね。ということで、優柔不断さだけを発揮して、またしても何も買わなかったのである。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック