主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年11月20日

国際騎手招待に岩田、エマ・ウィルソンら選出

 ジョッキー関連の話題がポコポコと。

 12/5に行われる國泰航空國際騎師錦標賽(CX International Jockeys' Championship/キャセイパシフィック国際騎手チャンピオンシップ)の招待騎手が発表。
Ted Durcan(戴勤/テッド・ダーカン) UAE
Yasunari Iwata(岩田康誠) 日本
Ryan Moore(莫雅/ライアン・ムーア) イギリス
Damien Oliver(岳禮華/ダミアン・オリバー) オーストラリア
Olivier Peslier(柏兆雷/オリビエ・ペリエ) フランス
Pat Smullen(施慕齡/パトリック・スマレン) アイルランド
Christophe Soumillon(蘇銘倫/クリストフ・スミヨン) フランス
Andrasch Starke(薛達祺/アンドラッシュ・シュタルケ) ドイツ
Douglas Whyte(韋達/ダグラス・ホワイト) 香港
Emma-Jayne Wilson(韋早m女尼]/エマ・ウィルソン) カナダ

 目玉はこの日のエントリにも書いたEmma-Jayne Wilson(韋早m女尼)によるこのシリーズ初となる女性騎手参戦ですかね。
 日本からは岩田騎手が選出。10月時点での成績に加え、昨年のメルボルンカップ制覇と武豊騎手の昨年の危険騎乗がポイントになったようだ。頑張って欲しいけど、日本語ですら怪しいからインタビューが心配だよなぁ…。UAEからはL Dettori(戴圖理/ランフランコ・デットーリ)ではなくTed Durcan(戴勤)ですか。

 このほか、12/1時点での香港リーディング2位(1位は韋達なので)と、特別枠で海外から1名が選出される。

  11/17に負傷した白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)は12/1の沙田日賽から復帰を希望。11/28に医師の検査を受けて可否が決定。

 杜利莱(O Doleuze/オリビエ・ダリューズ)が調教中に膝を痛打。別の馬に乗るために歩いていたところ排水溝にはまって、コンクリートの縁の部分に左ひざをぶつけたらしい。救急隊が駆けつけたが、大きなケガはなく、11/21の[足包]馬地夜賽には騎乗できるようだ。

 薛凱文(K Shea/ケヴィン・シア)の11/11沙田日賽分の尿サンプルから禁止薬物が検出。事情を聴取と調査の結果、11/9に行った歯医者での治療に使用した麻酔鎮痛薬に原因があると判明。その際に薛凱文から歯科医に禁止薬物リストを明示しているにも関わらず、歯科医が使用した麻酔薬に該当する禁止薬物成分が含まれていることを知らなかったとのことも明らかに。その結果、今回のケースに関しては薛凱文に対しては不問ということになった。


 …で、ディラントーマス(狄倫)。
 11/20が香港國際賽事(HKIR)2次登録の締め切り日なので、選出馬の枠はまだセーフであり、このまま香港に向かうという選択肢もある。ポイントは現在の状況が日本入国と見なされず、隔離状態として認識されるか(香港とアイルランド間では対EVAについては現状で問題ないようなので)。これが認められるならおそらく賽馬會からも再オファーが行ってるはずで、今年の香港國際賽事の大きな目玉が増えることとなる。香港と日本での今回の特例協定では阪神競馬場が検疫施設として指定されているのがネックにならなければよいのだが。仮に阪神に移動しなくてはならないとなると、日程的には強行軍でギリギリセーフだが、来週末には開催が始まってしまい、隔離施設にならなくなってしまうためアウトということになってしまう。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック