主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年11月08日

検疫問題大ドンデン

 ほれ見たことか、というか、どないしてくれるっちゅうねん、というか。

 香港賽馬會、香港特區漁農自然護理署(AFCD)、JRA及び日本農水省の間で協議されていた、日本馬の香港遠征に関する出国検疫について、当初の香港政府の要望より大幅に短縮されて、2週間でOKということになった。
 但し、出国検疫は阪神競馬場のみとなり、また、検疫期間中に阪神競馬場から半径10Km以内で馬インフルエンザの感染がないことが条件。この期間中近隣の乗馬施設などで感染が認められた場合は、香港への遠征は拒否されることとなる。
 これによってマイルチャンピオンシップ出走馬までについては香港への遠征が認められることとなった(ジャパンカップ出走馬については検疫期間が足りないため不可)。


  万全を期すということもあって28日間というリリースが美浦・栗東の各トレセンで出されたのだと思うが、その告知によって選択肢から無くしてしまった陣営も多いと聞く。
 この検疫短縮を受けても遠征馬が増えないのであれば、一大イベントに大きく水を差した、いわば人災ではないだろうか。ここに漕ぎ着けた関係者の努力も水の泡であろう。もちろんトレセンで検疫を受けられない点はネックと言えばネックではある。しかし、この検疫の件についてオフィシャルな発表はこれが初めてなのだから、他国の行事だからと甘い認識で然るべく確認も取らなかった各人、各媒体担当者には猛省を促したい。


 で、怒りにかまけて忘れてた。韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)がワールドスーパージョッキーシリーズに今年も選出。昨年は”家庭の事情”で来日は叶わなかったが、今年はちゃんと来てくれるんかいな。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック