主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年08月18日

エリック・ツァンまた愛馬が重賞勝利

 朝からドシャ降りの澳門[乙水]仔夜賽。
 メインは第6Rに組まれた今シーズン最後の重賞、澳門盃(Macau Cup/マカオカップ T1500m 3yo+ 澳Gr2)。当日まで回避馬はなく、リザーブの岡部誠騎手は騎乗なし。前走の董事盃(Directer's Cup/ディレクターズカップ)を2着と調子を取り戻してきた搖滾小子(Rock 'n' roll Kid/ロックンロールキッド)が1番人気。
 皇冠禮物(Crown's Fift/クラウンズギフト)が先手を取り、宮殿福將(Palece General/パレスジェネラル)が続く展開。2頭が3コーナーで後続を大きく引き離すが、直線手前で一気に失速。先に抜け出した穩中求勝(Safety Investments/セーフティインベストメンツ)に、3コーナーからインコースをスルスルと進出した放下(Let Go/レットゴー)が残り100mで迫ると、叩き合いの末に放下がわずかに先着。1番人気の搖滾小子はいいところなく11着。
 放下は7歳ながらこれが重賞初制覇。オーナーは現在の澳門最強馬である獎門人(Crown's Master/クラウンズマスター)と同じく俳優の曾志偉(C W Tsang/エリック・ツァン)。

  [乙水]仔夜賽は荒天のため7Rで中止。岡部誠騎手は3鞍騎乗で4着が最高。


 馬インフルエンザの影響で大井も中止が午前中に決定。イナリワンを見に行きたかったのに残念。かと言って、マカオに行っていたらそれはそれで何しに行ったんだ、という展開だったのも複雑。原稿がはかどってしまったのは嬉しい誤算であったんですが。うーむ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック