主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年08月01日

総売り上げ1000億ドル

 7/31にシーズンが終了したことを受けての総括によると、06/07シーズンの香港賽馬會の総売り上げは約1000億HKD(=1兆5千万円)で、初の大台突破となった。内訳は、競馬が640億HKD、サッカーくじが300億HKD、六合彩が65億HKDというもの。
 中でも一時はどうなることかと思われた競馬の売り上げが昨シーズン比で6.6%の増加は、香港が本当に悪夢を脱したという印象を受けます。

 そんなわけで、8月を迎えて新シーズン。
 昨シーズンいっぱいで騎手を廃業した余健誠(K S Yu/アレックス・ユー)も呂健威(K W Lui/フランシス・ルイ)厩舎の攻馬主として調教をスタート。

   爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の年内の目標を香港瓶(HK Vase/香港ヴァーズ T2400m 3yo+ Gr1)にした理由について、香港の2000メートル以上のGr1で勝っていない最後のタイトルだから、と周漢文オーナー。香港瓶以降については順調ならドバイとイギリス遠征を検討しているとか。宝塚記念は!?


CIMG0681.JPG
 
 昨年11月に閉鎖となった中環(Central/セントラル)のスターフェリー乗り場皇后[石馬]頭。香港人の生活を見守った誰にとっても親戚のおじちゃんおばちゃんのような存在であるその建物を政府に解体させまいと抗議運動が閉鎖後も続けられていたのであるが、その明け渡し期限を向かえ、座り込み抗議を続けていた市民たちが排除された。
 驚くべきスピードで変わり続ける点が香港の魅力のひとつでもあるのだが、それでもこういったものは何かの形で残して欲しいとは自分も思う。今の香港が魅力的なのは、過去の香港があってこそなのだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。