主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年07月09日

HKJCキングカメハメハ産駒を購入

 セレクトセールの1歳馬取引で、香港賽馬會がLot63の牡駒を購入。父:キングカメハメハ、母:ナイサー、母父:Pennine Walkで3200万円。
 セールにMark Player氏が来場するというのは聞いていたのだが、まさか購入するとは思わなかった。いよいよ賽馬會も日本馬導入に本腰を入れるのであろうか。これまでの日本産馬と価格も血統もブランドも違っているので、この馬の成績によって日本馬の評価が左右される面は大きいだろう。
 
  ちなみに、キングカメハメハと同じくキングマンボ産駒の香港での成績は、この3シーズンで54戦4勝、そのうち3勝は全天候馬場の1200mで、猛1勝も全天候1650mのものとちょっと評価に困るもの。Pennine Walk産駒は走ってないので、替わりにラストタイクーンはというと488戦33勝でこちらは芝が31勝。しかも今年春の獎門人(Crown's Master/クラウンズマスター)の1着失格なんてのもあるのでキングマンボより芝向き傾向。ただ、勝率ではキングマンボとそう大差はない。

 成約後に預託についてすったもんだしてるという話が現地から頂いたのですが、はてさて。

 見習チャンピオンとなった王志偉(C W Wong/テリー・ウォン)と2位の徐君禮(K L Chui/マルコ・ツュイ)は夏休みを利用して日本に旅行する。一旦帰国した後、オーストラリアに渡り白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)の下に短期で弟子入りしに行くとのこと。
 一方3位の湯智傑(C K Tong/ジャッキー・トン)は海外旅行などはせず、厩舎で研鑽を積む予定。
 

 それは勝とうよ、日本。オシムも真っ赤っかじゃないですか。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック