主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年07月03日

人ごみと降着とスコールと

 7/2沙田日賽の続き。

 とにかく来場者の多かった開催。普段は空席だらけのクラブメンバーエリアのカフェテリアも終日席があくことがなく、ようやっと空いたと思ったら食うものが根こそぎなくなってた。一般席はどうなっていたことやら。モーベンピックのアイスまで売り切れて、5R前から合流した坂田さんとガックリ肩を落とす。なんとこの日の入場人員は7万人以上だった。

 第6Rの3班芝1600m戦で審議と抗議。1着か2着のどちらかが4着以下に沈めば3Tリーチでかなりアツくなる。実際4着馬も被害被ってるし。1着で入線した王志偉(S W Wong/テリー・ウォン)騎乗の天威(Secret Of Kings/シークレットオブキングス)が最後の直線で大外から内に豪快に斜行。これが審議の対象かと思いきや、2着に入線の線路精英(Circuit Hero/サーキットヒーロー)が3着入線の聚寶駒(Elfhelm/エルフヘルム)に対する進路妨害だった。
 で、抗議成立。2着と3着が入れ替わり、わしの確変昇格は幻に終わった。

 この日は騎乗停止処分はないものの、ちょっとした決算大処分制裁祭り。上述の第6Rで降着の巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)が12万HKD、やっぱり処分対象となった王志偉が4万HKD、第5Rで韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が12万HKD、列高力(D Nikolic/ダニエル・ニコリック)が2000HKDの罰金処分を受けた。

 王志偉は第11R以降を、薛順強(S K Sit/ヴィンセント・シッ)は第8R以降をそれぞれ体調不良で乗り替わり。なのに最後のセレモニーには元気な姿を見せていた。どーなんだそれ。

squall.JPG

 天候に恵まれた最終開催だったが、第9Rあたりから雲行きが怪しくなりあっという間にスコール。さすが亜熱帯だけあって、バケツといより風呂桶をひっくり返したような雨。屋外で観戦していた来場者はみんなスタンド内に避難して、スタンド内の人口密度は更に倍。あ、暑い。

 こうなるともうレースの情報なんてまともに取れるわけがなく、騎手変更や馬変更など全然把握しないまま。んが、そんな状況の方がむしろ当たったりして驚きであった。

 最終レース終了後、年間表彰の表彰式がコース上で行われる予定だったがスコールでザバザバだったため、パドックにて実施。屋根付きの強さとバックアップのフットワークの良さを垣間見たですよ。
 セレモニーでは歌のゲストとして林子祥(George Lam/ジョージ・ラム)も登場。さすが重鎮。盛り上がり方が違う。

07072Awards2.JPG 07072Awards1.JPG 

 で、恐怖のシャンパン攻撃。まともにカメラに喰らった被害者続出。もうこれは日本のプロ野球のビール掛けに近いお約束のようだけど、犠牲が大きすぎ(と書きつつ、自分も丸腰であわやだった)。

 セレモニー後、應家柏(Winfried Engelbrecht-Bresges/ヴィンフィールド・エルゲンブレヒト・ブレスゲス)CEOのブリーフィング。香港馬王の選出については「競馬で言えばハナ差。それでも敢えて1頭に絞り込んだ」。来シーズンは海外にモリモリとコンテンツを売って行くぜ、とのこと。

070702RaymondChow.JPG

 これに先立って行われた爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)のオーナー周漢文(H M Chow/レイモンド・チョウ)氏とのやり取りで、ジャパンカップへの遠征の可能性を聞いたのだが、やはり日程がネックなので行かないとのこと。その代わり、来年の宝塚記念なら面白そう、と。遅いよ!!


 競馬場を後にしたおっさん3人は、余計な荷物をホテルに置いて一路澳門へ。
 まず向かったドッグレースが好調。なんというか「見えてる」状態。買い目を絞っていたので三重彩は1つしか引っ掛からなかったが、狗連が絶好調で競馬の損失を結構補填できた。
 その後、カジノも未経験のE田君にグランドリスボア、リスボア、ウィンと社会科見学。この辺りでいい時間になったので、坂田さんを残してE田君と自分は撤収。んが、船が1時間待ちになってしまったので、電撃勝負狙いでサンズに。BJに参戦すると、太張りダブルが成功。そのタイミングで素早く終いにして、あとはラウンジで船の出発まで時間を潰したのであった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。