主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2018年04月01日

従化トレセンで中国国際競馬カーニバル開催へ

 香港賽馬會は、今年の夏に正式運用開始予定の広州・従化馬匹訓練中心(Conghua Training Centre/チョンファトレーニングセンター)について、昨年12月のメディアブリーフィングの場において、すでに、将来的に馬券発売を伴わない競馬開催を行うことを明らかにしているが、その第1弾として、来年2月または3月上旬に、国際競馬カーニバルを開催するとのこと。
 消息筋によれば、この国際競馬カーニバルは、ドバイ、及び春の香港の国際招待競走デーへのステップとして機能させたい狙いがあるとのことで、中国国内のサラブレッドでも正規に血統登録された馬であれば、この競走に出走できることになる。つまり、この競走に出走するための在厩期間をドバイへの検疫期間とみなし、中国の馬でもドバイに遠征できることを可能にさせる、というものだそうだ。この背景には、4年前より、4月に中国・成都で、ドバイレーシングクラブの全面協力におる競馬が行われていて、その逆の可能性を探っていたところで出たアイディアのようだ。ただし、検疫に関しては、従化馬匹訓練中心には直接入れず、香港・沙田馬場の国際検疫厩舎を利用し、当日輸送で競馬に出走することになる。国際競馬カーニバルと銘打ってはいるが、実質は香港調教馬と中国国内のサラブレッドによる競走となりそう。
 中国にはメジロアルダンの産駒の種牡馬がおり、日本ではほぼ途絶えたノーザンテースト系の父系が残っているだけに、これを期に再びノーザンステート系に脚光が浴びると面白いですねえ。



 
 今日はエイプリルフールです。
 1年ぶりのブログ更新がこんなので申し訳ない。
 でも、従化馬匹訓練中心で、早ければ来年2月か3月に競馬をやるみたいですよ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。