主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2016年03月11日

ダンエクセル引退へ

 澳門夜賽。
 第1レース(砂1050m 55-0)に右半分シマシマ模様の江河大地(River Ground/リバーグラウンド)が出走。3番手追走からあっさり抜け出して人気に応えた。これで3戦2勝。
 
 12/13シーズンの冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)、13/14および14/15シーズンの新航國際盃(SIA Cup/シンガポール航空国際カップ)の勝ち馬である花月春風(Dan Excel/ダンエクセル)が、前走の香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ)を最後に現役を引退、シドニーで余生を送ると、SCMP
  Dunboyne Expressの名前で2010年にアイルランドでデビュー。デビュー2戦目でAnglesey S(G3 カラ T1257m)を勝ったほか、Leopardstown 2000 Guineas Trial(G3 レパーズタウン T1600m)も勝利。Irish 2000 Guineas(G1 カラ T1600m)、Irish Derby(G1 カラ T2400m)をそれぞれ5着、Irish Champion S(G1 レパーズタウン T2000)4着を最後に10戦3勝の成績を残して香港に移籍。移籍後は38戦4勝で、主な勝ち鞍は冒頭の3つ。

 引退の決まった天久(Lucky Nine/ラッキーナイン)の引退式が3月13日の沙田日賽で行われる。

 3月20日に行われる香港打吡大賽(HK Derby/ホンコンダービー G1 T2000m 4yo)にスポット騎乗する騎手と騎乗馬が発表。
 
  嘉應之友(Friends Of Ka Ying/フレンズオブカーイン) 安國倫(T Angland/タイ・アングランド)
  喜蓮獎星(Helene Paragon/ヘレンパラゴン) 貝湯美(T Berry/トミー・ベリー)
  明月千里(Werther/ワーサー) 布文(H Bowman/ヒュー・ボウマン)
  小米周(Lucky Girl/ラッキーガール) 蘇兆輝(S de Sousa/シウベスタ・デソウサ)
  首飾太陽(Sun Jewellery/サンジュエリー) 莫雅(R Moore/ライアン・ムーア)
  摩高一丈(White Magic/ホワイトマジック) 薛恩(B Shinn/ブレイク・シン)
 
 ちなみに小米周はこんな名前だけど立派な(?)セン馬。
 
 

 
 
 あの日から5年。
 あの日、目指した復興の姿って、今の日本だったんですかね。
 
 午前中はふた仕事ほどやって、午後から岩手・船橋騎手交流競走が行われる船橋競馬場へ。高橋華代子さんに教えていただいて、船橋競馬ミュージアムで、地震当日からゴールデンウィークでの再開までの記録を集めた映像を見る。日程を変更して行われたダイオライト記念の最終レース後、スタンドの3階から、船橋とは思えないほどの人の波を見たときに、みんな競馬を待っていたんだなあと実感したことを思い出した。
 
 スタンド1階、パドックに一番近い売店の菊屋(おそばとかコロッケとか売ってる店)が、この日をもって店じまい。母体は京成の駅近くの酒販店。高齢化で売店をやっていくのはもうしんどいのだそうだ。ここのコロッケと揚げちくわは密かにお気に入りだった。コロッケといえば川崎のパドック脇ばかりが話題にあがるが、あっちは150円、こっちは100円。しかも、こっちもちゃんとジャガイモから手作り。川崎のは個人的に胡椒が効きすぎるし、ちょっと油もキツかったから、なおのことこちらがよかったんだけど。
 次開催から別のところが入って、おそばとを売るらしい。キャロッタ焼きの焼印はどこかに引き継いでもらうとか。

posted by つちやまさみつ at 23:59| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック