主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年04月28日

ホタテから毒、牛丼から釘

20070428moon.JPG

 賞月(Admire Moon/アドマイヤムーン)は予定通り芝コースで強めに追って万全。「馬の具合よりユタカの具合が大事なんちゃうんか」と松田博師が軽く炸裂。

 安田記念への香港馬の遠征について、日本政府が難色。先般の馬ヘルペスがまだ完全に沈静化したと言えないため。香港政府及び香港賽馬會は、1.発熱した馬については原因の如何を問わずレースを含め完治するまで馬場入りをさせない。2.安田記念に遠征する馬については安田記念より遡って30日間以上の隔離を行い、政府の特別検疫証明書を以って対応、という妥協案を日本政府ならびにJRAに提示し、特例的な対応を要請。週明けにも日本側の回答が得られる予定という。

  もし、この提案が受け入れられず、香港からの安田記念への遠征が不可となった場合は、安田記念と同日にマイル戦の高賞金レースを実施するようである。
 こればっかりは検疫上の問題なので簡単に是を唱えられないが、それでも政府との調整を含めた代案の提案力は、見習うべき部分が多い印象を受けてしまうのである。

 ちなみに、現在安田記念に登録している香港馬は以下の7頭。
星運爵士 (The Duke/ザデューク)   セン 7   方嘉柏 (C Fownes)
好[父/巴][父/巴] (Good Ba Ba/グッドバーバ)   セン 5   薛達志 (A Schutz)
勝利飛駒 (Joyful Winner/ジョイフルウィナー)   セン 6   約翰摩亞 (J Moore)
牛精福星 (Bullish Luck/ブリッシュラック)   セン 8   告東尼 (T Cruz)
俊歡騰 (Floral Pegasus/フローラルペガサス)   牡 4   告東尼 (T Cruz )
紙醉金迷 (Down Town/ダウンタウン)   セン 4   葉楚航 (D Yip)
歩歩穩 (Able One/エイブルワン)   セン 4   約翰摩亞 (J Moore)

 このメンバーが出て、しかも当日は香港冠軍[既/旦]遮打盃(HK Champions & Chater Cup/香港チャンピオンズアンドチャターカップ T2400m 3yo+ 香Gr1)もある。香港からの遠征がないならむしろ香港に行った方が楽しそうだ。

 香港賽馬會の馬主資格を得た大物日本人馬主が葉楚航(D Yip/デニス・イップ)厩舎に入れるとか入れないとか。


 香港で食い物系の事件が連発。前日はホタテから痺れ→最悪死亡に至る有害物質が見つかり、この日は吉野家の牛丼から釘が見つかった。若者が牛丼食ってたら釘が3つも出てきたらしい。釘は4つ足ついてないんだから、いくら広東人とかでも食えんでしょう、って違うか。


 珍しく予想というか、注目馬なんてものを。

20070428linga.JPG

 冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル T1600m 3yo+ Gr1)は地元勢が強力なのは承知の上で凌駕力 (Linngari/リンガリ)。昨年の香港一哩錦標(HK Mile/香港マイル T1600m 3yo+ Gr1)は、間際の間際で招待を受諾しての参戦。にも関わらず、2馬身半差の5着だったなら、臨戦過程が万全の今回は軽視できない。

20070428shatin.JPG

 女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ T2000m 3yo+ Gr1)は普通に爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)が頭であるが、賞月はヒモ程度に軽視したい。爪皇凌雨の自力勝負に4コーナーでついて行っちゃいそうで。ベタではあるが鞍上と手が合う爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)が対抗評価でいいのではないかと。あとは西方啓示(Oracle West/オラクルウェスト)。2400ベストなので距離は短い感があるがこなせそうではある。


 調教から帰って猛烈に原稿作業。いつの間にか突っ伏しており、予定していた澳門行きは断念。いろいろな皆さんにごめんなさいである。
 夜はカメラマンのMさんとプレスセンターで遭遇し、そのまま近所の北京系の店に。その後若くない若手カメラマンも合流して近所のマッサージ屋へ。ここの主人が競馬好きなのだが、奥さん含めてどう見ても若い頃やんちゃしてたようにしか見えないのだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムーンは残念でしたね
吹いてたわりには馬の状態の方が芳しくなかったようで松田師も相変わらずの大口ですね(笑)
Posted by ペロリ at 2007年04月29日 20:14
ペロリさま
見た目的には大きな変化はないので、特に変わったこともしていない、おかしいところがあれば変化をつけるよ、と松田博師はおっしゃっていました。
そういった意味では、想定内ではあったのかもしれませんが、それでどうにかなるほど世界は簡単ではなかった、ということなんでしょうね。
Posted by つちや at 2007年05月01日 09:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック