主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年04月26日

大外はダメなんですってば

2007QE2Dr3.JPG

 女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ T2000m 3yo+ Gr1)に出走を予定していた昨年の2着馬である自由行(Best Gift/ベストギフト)が間際で回避。これで女皇盃は10頭立てに。冠軍一哩賽(Chanpions Mile/チャンピオンズマイル)との同日開催の弊害がやはり出てしまった印象。

2007QE2Dr4.JPG

 さて、本日はその2レースのバリアドロウ。オードマピゲの直営店舗がある関係で、昨年に引き続き今年も金鐘のパシフィックプレイスにて実施。冠軍一哩賽はスポンサードされてないのに、さすがちゃっかり香港賽馬會。

 先に行われたのは冠軍一哩賽でこんな結果。
1 6 南非   凌駕力 (Linngari)   牡 5   布學文 (H Brown)
2 9 南非   加倍好 (Kapil)   セン 4   郭克 (M De Kock)
3 2 香港   星運爵士 (The Duke)   セン 7   方嘉柏 (C Fownes)
4 1 香港   好[父/巴][父/巴] (Good Ba Ba)   セン 5   薛達志 (A Schutz)
5 4 香港   勝利飛駒 (Joyful Winner)   セン 6   約翰摩亞 (J Moore)
6 3 香港   牛精福星 (Bullish Luck)   セン 8   告東尼 (T Cruz)
7 8 香港   俊歡騰 (Floral Pegasus)   牡 4   告東尼 (T Cruz )
8 7 香港   歩歩穩 (Able One)   セン 4   約翰摩亞 (J Moore)
9 5 澳洲   賭場王子 (Casino Prince)   牡 3   甘寧斯 (A Cummings)

 有力馬が内枠に集中。3連覇を狙う牛精福星 (Bullish Luck/ブリッシュラック)は今年は過去2年の隣の3番枠。「3連覇だから3でいいんだよ」と王永強オーナーはにんまり。

 続いて女皇盃。

2007QE2Dr1.JPG

 いの一番に抽選することになったのは賞月(Admire Moon/アドマイヤムーン)の松田博調教師。上機嫌で抽選を引くと出たのは大外10番枠。ため息があふれる会場の雰囲気をよそに、やはりニコニコ顔の松田博師。「枠順は気にしてないからねぇ」って、浦和のマイル大外を引いたようなもんですぜ、先生!
 実はこの上機嫌には理由がある。今回のバリアドロウはカクテルレセプションがあったのだ。昨年の香港國際賽事(HKIR)のバリアドロウでも、乾杯の前にシャンパンを開けちゃった松田博師。まぁね、天気も良かったしね、クイッと行きたくなりますよね…。
 その他は以下の通り。
1 10 日本   賞月 (Admire Moon)   牡 4   松田博資 (H Matsuda)
2 8 香港   爪皇凌雨 (Vengeance Of Rain)   セン 6   霍利時 (D Ferraris )
3 5 南非   西方啓示 (Oracle West)   牡 5   郭克 (M De Kock)
4 4 南非   壽司先生 (Sushisan)   セン 4   布學文 (H Brown)
5 3 阿聯酋   勝喜利 (Seihali)   牡 8   薛利南 (D Selvaratnam)
6 7 香港   爆冷 (Viva Pataca)   セン 5   約翰摩亞 (J Moore)
7 9 香港   活力金剛 (Vital King)   セン 4   蘇保羅 (P O'Sullivan)
8 6 香港   小武士 (Sir Ernesto)   セン 5   告達理 (D Cruz)
9 2 香港   爆炸 (Viva Macau)   牡 4   約翰摩亞 (J Moore)
10 1 香港   寶樹勁盈 (Supreme Gains)   セン 4   文家良 (M Man)

2007QE2Dr2.JPG
 枠順の影響をさすがによく知っていたのが爪皇凌雨 (Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)のオーナー周漢文氏。8番枠というだけで「やっちまった!」という表情。結果としてこちらは有力馬が外枠に入り、ちょっと波乱のニオイを漂わせる枠順となったのである。


 ところで、本日付より、競馬総合チャンネルの女皇盃特集で現地レポートを書かせていただいてます。皆さん、よろしくでございます。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック