主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年04月23日

チャンピオンズマイルは10頭割れ

 4/22沙田日賽の続き。

 第2Rの5班戦(T1200m)で經緯渡(Globe River/グローブリバー)が勝ち、管理する姚本輝(Ricky P F Yiu/リッキー・イゥ)調教師は開業300勝を達成。

 第11Rの2班戦(T1400m)を勝った零用錢(Pocket Money/ポケットマネー)の勝ちタイムはコースレコードタイ。

 [ン先]文諾(M Nunes/マヌエウ・ヌーネス)が3勝の固め打ち。韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)も2勝で久々のマルチ。

 港澳盃(HK Macau Trophy/香港・マカオトロフィー T1400m 4yo+ 香Gr3)を勝った獎門人(Crown'S Master/クラウンズマスター)は、暮れの香港短途錦標(HK Sprint/香港スプリント T1200m 3yo+ Gr1)を目標にすることに。日本来ねぇかな。

 その獎門人に騎乗して勝った錢健明(Stanley K M Chin/スタンレー・チン)は、7月頃にヨーロッパに戻る(渡る?)。できれば、ビジターとして短期での香港での騎乗を目指したい、と。んが、香港正式復帰について香港賽馬會SEO應家柏(Winfried Engelbrecht-Bresges/ウィンフリード・エルゲンブレヒト-ブレスゲス)氏はこれに否定的コメント。実力も出所後の努力も認めるが、そんなに簡単に許していい罪じゃぁない、ということらしい。


 4/29の冠軍一哩賽(Champion's Mile/チャンピオンズマイル T1600m 3yo+ Gr1)に出走を予定していた緑色駿馬(Green Treasure/グリーントレジャー)がこれを回避することに。4/21に行ったバリアトライアルの動きが芳しくなかったため。これで冠軍一哩賽は9頭立てに。

 また、女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ T2000m 3yo+ Gr1)に出走を予定していた香港打[ロ比]大賽(HK Derby/香港ダービー T2000m 4yo 香Gr1)の3着馬、 冠軍廊 (Champions Gallery/チャンピオンズギャラリー)もこれを回避することが濃厚に。ヘルペスの影響が残っているらしい。新航國際盃(Singapore Airline Int. C/シンガポール航空国際カップ T2000m 3yo+ Gr1)遠征も視野に入れながら今後のローテーションを検討するとのこと。


 前夜はさいとーさん推奨ネルネルを使用して就寝。朝、起きたら、口の中にあった。超常現象ですか(なわけない)。
posted by つちやまさみつ at 21:19| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。