主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2014年05月04日

バラエティクラブ圧勝

 沙田日賽。

 メインは第9Rの冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピンズマイル T1600m 3yo+ G1)。歩歩友(Able Friend/エイブルフレンド)が断然の1番人気。
 2番手を進んだ南アフリカの繽紛會(Variety Club/バラエティクラブ)が直線に向いて馬場の真ん中を悠々と抜け出して、後続に4馬身差をつける圧勝。2着に歩歩友で、3着に前年このレースを勝った「はるかぜちゃん」こと(誰も言ってねえし)花月春風(Dan Excel/ダンエクセル)マイネルラクリマ(欣喜之淚/Meiner Lacrima)は好位を追走も4コーナー付近ですでに手応え怪しくなって10着。


 第8Rでは貴重な長距離戦の皇太后紀念盃(Queen's Mother Memorial Cup/クイーンズマザーメモリアルカップ T2400m 80+ 港G3)。
 スタートから先手を取った格哥兒(Bubble Chic/バブルチック)がスローに落としてまんまと逃げ切り。2着は3番手追走の新力鷹(Sunny Ying/サニーイング)、3着が2番手追走の桃花心(Khaya/カヤ)で、完全な行った行った。何しろ真ん中800mのラップが400mごとで27.44 - 27.08で、終い400mが22.74。で、差し馬総崩れ。


 第1レースの新馬(T1200m)に日本産のマツリダゴッホ産駒の好精英(Just Ace/ジャストエース)好合意(Just Preasant/ジャストプレザント)が出走。3番手追走の好精英は直線で手応えがなくなって6着。一方、5番手追走から一旦は圏外に消えかけた好合意は直線でじわじわ盛り返して3着。



 
posted by つちやまさみつ at 23:59| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック