主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2014年04月01日

香港スプリントが直線1000mに再度短縮

 Al Qutz Sprint(阿喬斯短途錦標/アルクオツスプリント)を香港調教の崇山寶(Amber Sky/アンバースカイ)が制したことで、同馬が直線1000mのスペシャリストで、馬主で香港を代表するスターの洪金寶(K P Hung/サミュエル・ホン(サモ・ハン・キンポー))氏の要望を受け、同馬の出走を促すために香港賽馬會は今年の12月に予定されている香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)を従来の芝1200mから、芝直線の1000mに短縮すると表明。香港短途錦標としてレース創設以来から05/06シーズンまでは直線1000mで行われており、そのオリジナルの条件に戻すこととなる。同時に、綽力之城(Sterling City/スターリングシティ)がDubai Golden Shaheen(杜拜金莎軒錦標/ドバイゴールデンシャヒーン)を勝ったことと、ワンターンの1200mの競走が香港國際賽事(HKIR/香港国際競走)からなくなってしまうことから、新たに国際競走として全天候1200mの重賞競走を設立するとのこと。競走名は仮称で香港沙地短途錦標(HK Sand Sprint/ホンコンサンドスプリント)。芝1200mになって、そしてロードカナロア(龍王/Lord Kanaroa)の活躍によってようやっと日本調教馬は香港スプリントに勝てたと思ったけど、ふたたび高い壁になりそうである。




  という、本日はエイプリルフール。


posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393458551

この記事へのトラックバック