主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2014年01月09日

四連単導入

 香港賽馬會が1月19日の開催から四重彩(Quartet/四連単)を導入することを発表。マークカードは新たに専用のものが作られる。最低ベットは1HKDからだが、券面の合計が24HKD以上になる場合は1HKDから購入できる。当面は1日につき2レースのみの発売で、8R制の日は第5Rと第8R、10R制の日は第5Rと第10R、11R制の日は第6Rと第11Rが対象レースとなる。9R制の日は書いてないけど、たぶん第6Rと第9Rじゃないかと勝手に推測。

 併せて、沙田馬場のグランドスタンド2の2階に新たに開設された2つのファシリティーも公開。
 イギリス・ヴィクトリア様式の納屋を模したレストラン席である「喜馬當先(Hay-Market)」はビュッフェ式でiPadの貸し出しもあって1席390HKD〜。2つある個室(12席・16席)は6000HKD〜。
 70年代の茶餐廳がモデルの「永勝冰室(Win Cafe)」は各テーブルにTVモニターを設置。ミニマムチャージが1名150HKD〜(大レース日は+α)で、香港賽馬會のプライオリティカード所有者を含む2名以上から。
 
 できない事情もあると思うものの、日本の公営競技の主催者、特に規模の大きいところは見習うところは多いと思う。ジャンクなものはそれはそれで悪くない。けど、レストランと名乗る店はちゃんとしたものを入れて欲しい。レトルトとかあたためるだけ・揚げるだけの工業製品を使う外部業者に頼るようなのではなく。


posted by つちやまさみつ at 23:59| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック