主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2013年08月05日

日本産馬2頭が登録

 8月になって、香港も新シーズンとして業務を開始。今シーズンの登録ブランドは「S***」。そのひと桁目に今春の北海道サマーセールで、香港のバイヤーに北海道トレーニングセールで購買された2頭が登録(馬名はまだ)しとります。

 まず、この馬(JBISのデータはこちら)。
 父スマートエンブレム × 母マキバベイジン (その父ペキンリュウエン
 なんと南関東配合。てか、ペキンリュウエンの名前も超久々に見た気がする。

 もう1頭がこちら(JBISのデータはこちら)。
 父マツリダゴッホ × 母ツインスマイル (その父フサイチペガサス
 09年の女皇盃(Queen Elizabeth U Cup/クイーンエリザベス2世カップ)で6着に負けた親父のリベンジ。
 母の父のフサイチペガサスは07年の香港経典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル)など重賞3勝の俊歡騰(Floral Pegasus/フローラルペガサス)などを出していて香港と相性悪くないし、マツリダゴッホ(梵高藝展)だって台風直撃がなければ…。なので、密かに期待。

 2頭とも、徐雨石(Y S Tsui/ミー・ツュイ)厩舎に所属。早ければ年内の古馬混合戦、遅くても年明けの新馬戦でデビューの見込み。

 日本産馬が香港に渡ったり、売却されたケースについてはこちらで以前まとめました。おお、6年前。その後、07年のセレクトセールの1歳セッションで、ナイサー06(父キングカメハメハ)を香港賽馬會が翌年の香港國際馬匹拍賣會(HK International Sale)向けに購入しながら、育成中に故障したため転売され、香港デビューは叶わずということがありました。これまでに最高成績を挙げたのは粉喜悦(Share the Fun/シェアザファン)で、しかも1勝のみ。そろそろ、これを超える成績を残す馬が現れて欲しいものです。

 ところで、ペガサス繋がりで脱線。
 香港には中文名で「快樂飛馬」って書くGay Pegasus(ゲイペガサス)って馬が昔いて、しかも過去2頭もいたという(なので、2代目は「Gay Pegasus U」)。もちろんセン馬。なので受け専。
 広東語でゲイは「基」です。モトイさんは自己紹介に気をつけて。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。