主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2013年07月07日

シーズンアワードと沙田最終開催

 香港競馬の2012/13シーズンアワードが、今日の沙田開催の後に発表。


 香港馬王(年度代表馬):
  軍事出撃(Military Atack/ミリタリーアタック)

 最佳短途馬(最優秀スプリンター):
  天久(Lucky Nine/ラッキーナイン)
 最佳一哩馬(最優秀マイラー):
  雄心威龍(Ambitious Dragon/アンビシャスドラゴン)
 最佳中距離馬(最優秀中距離馬):
  軍事出撃(Military Atack/ミリタリーアタック)
 最佳長途馬(最優秀ステイヤー):
  加州萬里(California Memory/カリフォルニアメモリー)
 最佳新馬(最優秀新馬):
  隨心隨意(All You Wish/オールユーウィッシュ)

 冠軍騎師(最多勝利騎手):
  韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)
 冠軍見習騎師(最多勝利見習い騎手):
  呂卓賢(C Y Lui/ディッキー・ロイ)
 冠軍練馬師(最多勝利調教師):
  (未定)

 最受歡迎馬匹(ファン投票最多得票馬):
  軍事出撃(Military Atack/ミリタリーアタック)
 最受歡迎騎師(ファン投票最多得票騎手):
  韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)
 最受香港馬迷欣賞海外馬匹(ファン投票最多得票海外調教馬):
  Black Caviar(魚子精華/ブラックキャビア)


 調教師部門は、開催を1日残しながら、葉楚航(C H Yip/デニス・イップ)師68勝、告東尼(A Cruz/アンソインー・クルーズ)師66勝、蔡約翰(J Size/ジョン・サイズ)師64勝とまだまだ混戦。

 冠軍見習騎師の表彰では今シーズンも簡慧榆紀念盃(Willy Kan Memorial Cup)が授与。簡慧榆(W Y Kan/ウィリー・カン)についてはこちら。最近ではWikiも充実してるようで。

 惜しかったのが、最受香港馬迷欣賞海外馬匹で2位のロードカナロア(龍王/Lord Kanaloa)。ブラックキャビアが去年のロイヤルアスコットで引退してれば、日本調教馬で初めての栄誉だったのかも。


  アワード発表の前には沙田の今シーズン最後の開催。これがもう重賞もないのに盛りだくさん。

 第1Rの5班戦(T1200m)は、8歳馬の開心歡笑(Nightlign/ナイトライン)が09年9月以来の4年10ヶ月ぶりの勝利。当時は1班で今回は5班。もともとはニュージーランドでGr1のManawatu Sires' Produce S.を3戦無敗で制した実績を引っさげての移籍馬。ここまで来ると陣営の執念を感じる。

 第8Rの2班戦(T1200m)は、郭富城(アーロン・コク)が共有所有する愛將(My Favorite/マイフェイバリット)が、積極的に先手を取ると、断然人気の輕彈錢笑(Access Years/アクセスイヤーズ)に絡まれながらも、直線では後続を突き放して3連勝。父馬はオーストラリアでGr1を2勝し、ド高値でクールモアに移籍した後、Gr1のQueen Anne S.(女皇安妮錦標)を制したHaradasun(ハラダサン)

 メインは第9Rの沙田一哩錦標(Sha Tin Mile Trophy/シャティンマイルトロフィー)。
 転入2戦目の威爾頓(Designs On Rome/デザインズオンローマ)が、後方待機から直線で外に持ち出すと残り300mで先頭に立ち、一緒に上がっていった勝哥兒(Rainbow Chic/レインボウチック)を抑えて香港初勝利。
 威爾頓は昨年、愛Gr1のNatonal SでDawn Approach(黎明路向/ドーンアプローチ)の2着。シーズンオフに香港に移籍し、6月16日の2班戦で香港デビュー(2着)。まだ3歳。いやはや楽しみ。ちなみに2着の勝哥兒Xanadouの名前で3歳時にフランスで走り、Gr3のPrix Paul De Moussacで1着、Gr1のPrix Jean Pratで4着がある。で、3着の續領風騷(Zaidan/ザイダン)もヨーロッパ重賞級からの移籍組。

 第11Rの2班(T1400m)カップ戦の香港馬主協會三十五週年紀念錦標(HK Racehorse Owners Association 35th Anniversary Trophy)は、後方待機の隨心隨意(All You Wish/オールユーウィッシュ)が、直線残り200mで抜け出して勝利。この勝利で最佳新馬のタイトルを決定づけた。デビュー以来[5-1-0-0]。
 
 調教師リーディング争い。第3Rでトップの葉楚航(C H Yip/デニス・イップ)師が勝って67勝目を挙げると、第6Rで蔡約翰(J Size/ジョン・サイズ)師が勝って64勝目、更に第7Rで告東尼(A Cruz/アンソインー・クルーズ)師が66勝目、第8Rで方嘉柏(C Fownes/キャスパー・ファウンズ)師は61勝目を挙げるという打ち合い。しかし、第11Rで葉楚航師が今日2勝目を挙げて68勝とし、最終開催日を残して突き放した。
 最終日の跑馬地夜賽は、いつもより多めの9レース開催。リザーブを除くと葉楚航師が6頭、告東尼師が6頭、蔡約翰師が7頭、方嘉柏師が9頭エントリーと、ここもノーガードの殴り合いの様相。最後まで目が離せない。

 
posted by つちやまさみつ at 23:59| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック