主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年01月31日

フランシス・ルイ師異議申し立て

 沙田夜賽。全レース全天候。さらっと。

 カップ戦は第5Rの3班1200m、樂善堂盃(Lok Sin Tong Cup)。
 1番人気の正隆(Byron)が先行集団を見る位置から、残り200mで抜け出して勝利。2着に2番人気の海之逸(Ocean Tranquil)で固い決着。 

 2班は2鞍。第7Rは1200m。
 中団やや後方でレースを進めた5番人気の世易商人(Expectations)が直線でジワジワと脚を伸ばして差し切り勝ち。1番人気の緑色顕男(Dr. Green)は最後に伸びきれず4着で波乱。

 第8Rは、1650mの2班。
 人気馬総崩れで、勝ったのは10番人気の神殿(Magic Temple)。とはいえ、この馬も全天候巧者の1頭。

 第3Rで2着した黎海榮(Alex H W Lai)騎手は、残り450mのところで不注意騎乗を行い、3開催日の出走停止。

 管理する駿駒飛躍(Charming Speedy)から禁止薬物が検出されたことについて、呂健成(Francis K S Lui)調教師が下された罰金処分に対して異議申し立て。
 
 ニュージーランドで行われた New Zealand Bloodstock Premier Yearling Saleで香港賽馬會がザファントムチャンスの近親やナチュラリズムの近親など24頭購入。詳細はそのうち。

 Barbaro死亡は香港でも大きなニュース。Barbaroのことは美國三歳明日之星「百寶龍」 と書かれていた。


 競馬最強の法則にトンチンカンな記事を発見。見える人にはそう見えてしまうのか。広報の方が凱旋門賞に行ったことも本当ですし、配慮もあったとは思いますけど、当然香港賽馬會のルールの範疇の中ですからね。なにも特別扱いしたわけではない。


 午後から川崎。
 念願叶ってありつけたパドック脇のコロッケがうまい。工場製品じゃない食事はいいね。
 海外の日本食レストランへの認証制度が始まるようですけど、そんなことより自国にあるエー加減なお店とかをキッチリしたほうがよいのではないでしょうか。素材にこだわりました、なんて書きながら、付け合せのおしんこが業務用だったりするのを見ると、底の浅さを感じちゃいますよ。
posted by つちやまさみつ at 12:20| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック