主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年01月22日

センテナリースプリントカップ登録馬

 2/4に行われる百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup)の登録馬が発表。距離直線芝1000mに登録は10頭。

歩歩速(Able Choice) 約翰摩亞(J Moore) 97
歩歩勇(Able Prince) 約翰摩亞(J Moore) 118
騏綵(Absolute Champion) 賀賢(D J Hall) 128
金岡盃(Billet Express) 約翰摩亞(J Moore) 113
電光火力(Natural Blitz) 告達理(D Cruz) 118
快而勁(Our Jet) 沈集成(Danny C S Shum) 103
紅旗飛揚(Planet Ruler) 李易達(Almond Y T Lee) 113
帝聖名駒(Regency Horce)告東尼(A S Cruz) 110
燦惑(Scintillation) 沈集成(Danny C S Shum) 127
精英大師(Silent Witeness) 告東尼(A S Cruz) 119

 中心視されるのはやはり國泰航空香港短途錦標(CX HK Sprint)で圧倒的なパフォーマンスを見せた騏綵。赤いチークピーシーズの効果はここでも生かされそう。匯豐卓越理財洋紫荊短途錦標(HSBC Bauhinia Sprint Trophy)で復活した燦惑も、このメンバーなら上位争い。直線1000mということで電光火力も押さえたい。
 気になるのは後が無い精英大師。このレースの内容次第で即引退もありえるわけなのですが、近走ではこの条件で全くいいところがなく、状況としては非常に厳しい気がします。

 その沙田芝1000mのスターティングゲートについて、内外であまりにも馬場差がある(アウトコースが速い)ために、百週年紀念短途盃が行われる2/4の開催より、内ラチに合わせていたゲートそのものを外ラチに合わせることに。つまり、今まで1番枠だったところが内ラチ沿いから馬場の真ん中寄りに、大外枠は外ラチ沿いになるようです。

 内田利雄@Mr.ピンク騎手の2/9からのマカオライセンスについて、澳門賽馬會のサイトでは未だリリースなし。大丈夫?前回もライセンスが降りてなくて初日から乗れなかったようなので、大丈夫っちゃあ大丈夫と本人もおっしゃってたんですが、やっぱり最初からちゃんと乗れて欲しい。
 2/14の園田ゴールデンジョッキーカップには出場予定。一時帰国してマカオにトンボ帰りのようです。


 午前中は黙々と作業。午後から打ち合わせというか提案。全っ然競馬に関係ないこともチョイチョイとネタ出し。再び戻って別作業に没頭。
 どうも鍋焼きうどんが食いたいと思っていたら、どうやら風邪の初期症状。年明けから散々っぱら風邪持ちな方と顔を合わせていたのに、ここでうつりますか。

 ところで、なんで世のTV好きの皆さんは納豆を買い控えてんだ?別に納豆自体に異物が入っていたり、賞味期限切れの牛乳が入っていたわけでもあるまいに。うまいぞ、納豆。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック