主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年11月24日

注意ですよ

 下記は在香港日本国総領事館のからのコメントです。これから香港に行かれる方は多いかと思いますが、一時は沈静化した「いかさま賭博詐欺」が再び流行り始めています。ギャンブル好きの性として思わずついていきそうになってしまうかと思いますが、くれぐれもご注意ください。

海外渡航情報(スポット情報:香港)の発出
「いかさま賭博」に関するご注意



※ 本件渡航情報は下記の通り発出されましたが、随時更新されます。

1. 香港においては、以前よりいかさま賭博による詐欺事件が散見されていましたが、最近、特に東南アジア系の犯罪グループが、主に日本人をターゲットとして、いかさま賭博を行っていることがわかりました。現地へ渡航・滞在される方は、以下に紹介する手口を参考にして、被害に遭わないようにご注意下さい。 (1) 香港市内観光中に東南アジア系の人物から、「友人が日本に住んでいる」、「日本に旅行に行くので日本のことを教えて欲しい」、「安い宿を紹介する」等、片言の日本語で話し掛けられ、自宅と称する場所(実際には近くにあるホテルまたはゲスト・ハウスの一室)に招かれる。
(2) 招かれた先では賭博が行われており、参加するように言葉巧みに持ち掛けられる。一旦は多額の現金を手にするものの、その後負けが込んでくるとキャッシュカードを使ってATMより現金を引き出すように強要されたり、クレジットカードで貴金属類を購入するように強要される。
(3) また、声を掛けてくる人物は、「仲間の金持ちをだますのを手伝って欲しい。」等と呼びかける場合もある。

2. 犯罪グループの中には女性がいて、被害者に近付く際には、グループ内の女性がアプローチしてきたり、自らも被害者を装ったり、あたかも自分が人質に取られているかのように装うこともあります。巧妙な手口により男女を問わず被害が出ていますのでご注意下さい。
3. なお、香港では、許可された場所以外では、賭博は禁止されています。また、見知らぬ人から話し掛けられても軽々しく信用したり、誘われるままに見知らぬ場所についていくようなことは避けて下さい。


 午前中からボリュームのあるミーティングで、終わってみたら2時近く。慌ててオッズパークの原稿をこさえるなどして渋谷に向かう準備…をしていたところに飛び込んできた「ばんえい岩見沢撤退の方向」のニュース。市民の意向を汲んだ、というのだが、本当にそうなの?と思ってしまう。あと、こういったときに出てくる「有識者委員会」の有識者って誰?いうのも。税金を無駄に使うのは当然よくないですけど、そこから波及効果があるなら目先の黒赤だけ考えるべきではないのに、といつも思うのですが…。
 そういえば、週頭に斎藤茂太さんがお亡くなりになったというニュースがあった折、ふと思い出したのが斎藤茂吉記念館とその近所の競馬場の話。温泉郷の町でしたがやっぱり競馬が無くなって以降、町全体が活気がなくなったと伝え聞きます。考えないでできる博打が流行っている昨今、そこに太刀打ちするための付加価値が欲しいですよね。競馬そのものが何かの付加価値であってもいいと思いますし。考え方が姑息な広告屋っぽいのがなんとも自分でも歯がゆいのですが。

 夕刻よりプラザエクウスへ。イベント中に日通旅行の方からお電話をいただいたのですが、須田さんのツアーが好評で人数も伸びたとか。今年は日本馬が8頭になりましたしね。しかし、よくホテル取れたなぁ。イベント後に須田さんらと中目黒で食事。メルボルン絡みの話をいろいろ聞かせていただいた。どちらかと言えば、競馬以外の話中心で。何より、またしてもご馳走になってしまいました。去年のカニから全く進歩なし。どこかで何か返さないと、と思うんですが、若手の部類なのでしゃしゃり出てもいかんですし。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。