主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年11月01日

オートン師 離港へ

 自分の香港携帯はプリペイド式で、半年に1回チャージをしないと権利が切れてしまう。そして、今週になって気がついたのだけれども、最後にチャージをしたのが今年の冠軍一哩賽(Champions Mile)の時、つまりGWだったということ。このままだと今週中にも権利が切れてしまう。
 すると、なんという幸運か、仲のいいハトコ夫妻が明日から香港に行くという。そんなわけで図々しくお願いをしてみた。うまくできるといいなぁ。

 [足包]馬地夜賽。
 第2Rの4班(芝1200m)に榮進寶寶(First Baby)が出走。やはり距離不足で6着でしたがだいぶ調子があがってきた様子。

 第7Rの3班(芝1650m)で、紅皮柚(Whiplash)に騎乗した列高力(D Nikolic)騎手がようやっと初勝利。45戦目で達成。

 韋達(D Whyte)が第2、第4、第6Rと、1日3勝。これで今季16勝で、15勝で首位だった巫斯義(G Mosse)をひっくり返してリーディング首位に。エンジン掛かってきましたね。 


 グローバルスプリントチャレンジの初代覇者である好望角(Cape Of Good Hope)などを調教した岳敦(D Oughton)調教師が11月29日付けで香港での調教師ライセンスを返上、英国に戻ることが決定。
 1987年の開業以来、前述の好望角をはじめ、94/95シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby)を勝った先見之明(Che Sara Sara)、00/01シーズンの香港金盃(HK Gold Cup)を勝った偶像(Idol)、01/02シーズンの香港盃(HK Cup)で大波乱を演じた計得精彩(Precision)などを管理。現役の管理馬は03/04シーズンの冠軍一哩賽を制した水星(Figures)や、元Kalamanの魔術師(Oriental Magic)など。
 國際賽事にいないのは残念。

 それと入れ替わるように、ドイツより薛達祺(Andrasch Starke)騎手が12/4から来年3月までの騎乗ライセンスを取得。

 北見の最終開催に行こうかと画策中。でも行けて土曜日だけかもしれないのが無念。
posted by つちやまさみつ at 23:41| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック