主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年10月28日

パン・ホーチョンはやっぱりいいっす

 夕方より渋谷に「伊莎貝拉」(イザベラ)@東京国際映画祭を観に行きました。って昨日と似た書き出しだな、こりゃ。この作品は以前のエントリでも紹介しましたが、個人的に注目している彭浩翔(Pang Ho Cheung)監督の作品。
 日本語訳付で改めて観たわけですが、比較的観たまんまだったこれまでの作品とちょっと違い、抽象的な表現が多いながらも、30過ぎの男子としてはいい意味でいろいろ考えてさせられる内容でした。といっても、自分ならどうなんだろう的な程度なんですけどね。
 また、ベルリン映画祭では音楽賞を獲得したのですが、返還直前のマカオの不安定さを心情に照らすよな切ない音楽が印象的でした。

 明日の沙田日賽のメインは第9Rの三級賽(旧精英班)匯豊卓理財碗(HSBC Premier Bowl/芝1200m)。予定通り爪皇凌雨(Vengeance of Rain)がここで10ヶ月ぶりに復帰。当然叩き台なのでここは消し。電光火力(Natural Britz)も出走しますが、コーナーのあるコースは苦手なのでやはり消えそう。人気は紙醉金迷(Down Town)、好利威(Armada)、永利好(All's Well)、新力升(Sunny Sing)の順。告東尼(A Cruz)厩舎は4頭出し。

 メイン以外も面白いメンバー。第8Rの1班1400m瑪瑙讓賽(Agate HDCP)には勁闖(Tiber)と水星(Figures)とG1馬が2頭出走。喜皇寶(Royal Delghit)が人気の中心になりそう。当ブログでも何度か紹介している、Fusaichi Pegasus産駒の俊歡騰(Floral Pegasus)が初の1班でどのような走りを見せるか注目。

 第7Rの2班2000m戦、紫晶讓賽(Amethyst HDCP)は香港打[ロ比]大賽(HK Derby)を目指す力奇福星(Sikander)と福闖(Fantuzzi)が出走。福闖は香港移籍後4戦して未勝利ですが、移籍前にBlitzKrieg名前でイギリスで調教。05年にSalisburyで行われた2歳Gr3のAutumn S(芝1600m).ではDylan Thomasらを相手に勝っている逸材。このままでは終わって欲しくないですね。
 
 オーストラリアの話題。Cox PlateはなんとFields Of Omagh(奥馬田)の勝利。引退を表明しているようですが、香港には来てくれるのでしょうか。
posted by つちやまさみつ at 23:56| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック