主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年10月21日

ブリッシュラック骨瘤?

 府中に行こうと思ったのに大出遅れ。止む無く出かけずにいろいろ調べごとやら手配ごとやら。12月についてはまぁいつも通りの流れであれば全く問題ないんですが、11月は当然自力で手配。どうも最近ゲストハウスに飽きてきたので、ホテルが希望。しっかし、香港のホテルはずいぶん高くなりましたねえ。あっちに行ってからマカオのホテル手配したほうが安いかもしれん。

 当然、富士ステークスもGCで観戦。井上オークスさんの神ぶりに脱帽。これは長らく語り継ぎたい事件ですよ。

 さて、本日は星期六沙田日賽。全レース全天候馬場の日。
 メインは2班の1200m戦、獅威[ロ卑]酒挑戰盃(SKOL Cup)。ちなみに獅威[ロ卑]酒(SKOL)とはこれ。自分はこれより藍妹(Blue Girl)が好きです。
SKOL.JPG

 人気を集めたのは緑色顯男(Dr Green)でしたが、位置取りがやや後ろすぎて3着まで。勝ったのは早めに進出した新東武士(Liberal's Knight)。このクラスの全天候1200mは1勝2着1回なのに、10.4倍と意外に人気がなかった。

 第2Rの4班戦(全天候1200m)にエイシン一族平井克彦さんの持ち馬、榮進寶寶(First Baby)が今季初出走。全天候もこの距離も向かないだろうなぁと思ったら、案の定全くいいところなく7着。

 [ン先]文諾(M Nunes)が第5Rで危険騎乗を行ったため、2開催日の騎乗停止。さらに、湯智傑(Jackey Tong C K)は10/18の[足包]馬地夜賽の第8Rにて危険騎乗を認めたため、こちらも2開催日の騎乗停止。

 10/15の沙田錦標(Sha Tin Trophy)に出走した牛精福星(Bullish Luck)は、右後ろ脚に骨瘤ができていたことが判明。どうやら、安田記念後に出来たようで、前走はそれほどシリアスな問題ではなかったのだけれども、前走後悪化したようだということ。症状は軽度のようですが、これによって、今後の臨戦過程に狂いが生じたのは間違いなさそう。前走で手綱を取った湯智傑にはいい迷惑。そりゃ柏寶(B Prebble)も乗らないよな。
posted by つちやまさみつ at 23:20| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック