主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年10月13日

ファロン、香港はどーするの?

 いい加減にしろよ、ク○ネコヤマトめ、と思うことしきり。ここのメール便が我が家にまともに届く確立は5割以下ってんだから、もう何がなんだか。

 オッズパークの原稿書いていたら、今更ながら福山にこんな馬がいることを発見。それだけなら、どってことない話なのですが、なんと凱旋門賞当日10/1のにも出走して2着してます。何かの暗示か、はたまたシンクロニシティか。福山をこれから日本のロンシャンと呼ぼう(うそ)。
 惜しむらくは、日本のは牡馬だということ。

 さて、オーストラリアでの騎乗(Melbourne Cup)についてクリアになったK Fallon(范義龍/K ファロン)ですが、年末の香港國際賽事(HKIR)について、どうやらビジター騎乗申請を提出していないとのこと。
 SCMPによると、出されたら出されたでいろいろ検討すべき課題は多いのだけれども、何しろ出されていないのでコメントのしようがない、と應家柏(Winfried Engelbrecht-Bresges)氏が語っているらしい。お手馬がかなり登録しているだけに、動向が気になるところ。もっとも、他国でのことには干渉しない傾向ですから、申請があれば受理されそうな気はするんですけど。

 日曜日の沙田日賽に騎乗しない予定だった柏寶(B Prebble)はやっぱり騎乗することに。但し、牛精福星(Bullish Luck)には騎乗せず。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック