主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年10月11日

うわ!スーパーキッドが!

 そういえば、府中のでかいビジョン見てきました。
 でかい。確かにでかい。ただ、なんとなく、でかい、てのは判るんですが、そもそも府中自体がでかいので、あまり実感として「うお!でけぇ!」ってのはないですね。沙田であのサイズには十分慣らされちゃったってのもありますし。
 沙田ははあれに近いサイズでもっとスタンドに近い上に、競馬場のサイズも大井くらいなのですごい迫力。あとはソフトの作り方は圧倒的に香港の方が上かもですね。正直、見づらいし、告知が多すぎ。普通にバーン!!と単複馬連複のオッズ貼り付けてくれればいいのに。あれについては、かなり改善の余地ありではないでしょうか。

 沙田のビジョンが気になる方には、こんなツアーも。メルボルンC+途中下車香港って、海外ハシゴ旅打ちの入門編としてはかなりの経験値ゲットになると思いますよ。なんとなく宣伝。

P2267509.JPG

 昨シーズンいっぱいで、種牡馬入りのために引退したはずの風雲小子(Super Kid)が、なんとオーストラリアで現役続行中。所属はやはりというかD Hayes厩舎。
 てっきり種牡馬入りしたと思ってたのもある上に、海のさらにあっちの出来事だったので、自分も見落としてしまっていたのですが、このたびの香港國際賽事(HKIR)にちゃっかりと登録されていたことで晴れて判明した次第です。

 調べてみると、オセアニアで種牡馬入りするにも香港ローカルG1を3勝ではちょっと足りないということで、箔をつけるためにオーストラリアでのG1タイトルを目指して現役続行することになった模様。すでに9/23にはMRC Sir Rupert Clarke Stakesに出走(4着)し、この後も今週末にCaulfield競馬場で行われるYalumba Stakesから、10/28のCox Plate(Moonee Valley競馬場)へと向かう予定とのこと。これらのレースにはFields Of Omagh(奥馬田)や、香港から出戻りのGrand Zulu(闖将軍)も出走予定。

 現役続行がうれしい反面、引退式までやったんだからさぁ、って思うんですけど…。数少ない香港出身サイアーになれるチャンスを逸したら勿体無いし。
posted by つちやまさみつ at 13:12| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。