主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年09月25日

サンマ余波

 大騒ぎになっていた秋刀魚騒動もSK-II騒動も、香港での独自検査ではシロということになり、店頭にも無事並んだ様子。ということで、香港では「まーた大陸が日本を叩いて何か隠そうとしてるよー。」という雰囲気に。隠したがる大陸政府と隠してためならずの香港政府。報道の面においては両極端なだけに、こういったケースでは違いが明確になりますよね。
 とはいえ、大陸政府の判断規定は別にいいとも悪いとも言えない。逆に日本も大陸からの輸入野菜についてかなり厳しいし、アメリカの牛の例だってある。それがいいことなのか、悪いことなのかというのはもうお国ごとの判断なので、それをガタガタ他国に向かっていうのは非常にナンセンス。輸入して欲しければ、文句を言わせないものを提供すればいいのではないでしょうか。


 香港に行ってた坂田さんのご好意で、現地の競馬雑誌「賽馬天下」の最新号が手元に届いた。ちょうど新シーズンが始まるに当たって、各ジョッキーや調教師のインタビューなどが掲載されている。もう、ほぼ全員網羅されているので、とてもうれしい内容。さらに、先日当ブログでも紹介したベトナム競馬の記事も掲載。さらにさらに奥野さんのコラムはディープインパクトについて。1冊でかなりおなかいっぱいになれる内容。坂田さんありがとう。
 結局前夜は徹夜してしまい、そのまま社内研修運営に突入。当然帰宅するタイミングでは電池切れで、記憶はほぼゼロ。ああ、そうだ。こっちに不義理があったとは言え、カチンとなることがあった。

 スプリンターズステークスに遠征してきている精英大師(Silent Witness)について、坂田さんも日記に書いているが、どうも現地のテンションが上がってきていない。どのくらい上がらないかというと、今回はあの盛大な応援団がいないのだ。現地では国慶節で休暇になるので、旅行にはちょうどいいっちゃぁちょうどいいタイミングだと思うんですけどね。違うか。
posted by つちやまさみつ at 15:20| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック