主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年09月24日

シェーン・ダイ勝利で復帰を飾る

 金曜日からスタートした某企業の社内研修のディレクションの内容が、自分的にもちょっと言葉足らず面と、「それは例え話としてもやばいだろう!」という面があったので、全体的に見直し。グリーンチャンネルを見つつ、オッズパーク眺めつつ、更にバックグラウンドで香港賽馬の音声中継。当たり前というか、なんというか、やはり仕事ははかどらず、結局夜通しの作業をするはめに。そうそう。途中で気分転換で抜け出して新しいノートPCを決めに有楽町のビックカメラにも行ったんだった。結局余計な選択肢だけ増やして帰ってきてしまったわけなので、もはや呆れるばかりなのですが。


 香港は沙田日賽。
 戴勝(S Dye)がこの日より復帰。得意の芝1400m戦にも乗っているのにやっぱ簡単には勝たせてもらえないなぁ。と思っていたら、メインの2班芝1000mの中華遊楽会盃(The Chinese Recreation Club Challenge Cup)で喜皇寶(Royal Delight)を駆って復帰初勝利。すげぇや。
 そのデも衝撃的なデビューを飾ったあとは消化不良なレースが続いていたけど、その鬱積を晴らすかのような快走。しかも、ゴールまで残り200mでスルスルと外に持ち出す味な競馬。暮れに間に合えば面白い存在。

 1レースで薛達志(A Schutz)師が初勝利。

 7レースで胡恩達(M Odendaal)が移籍後初勝利。全天候というのが意外といえば意外。

 黎海榮(Alex H W Lai)が2勝。水曜から3日間騎乗停止の王志偉(Terry S Y Wong)が最終レースを勝って、気持ちよく(?)次開催より騎乗停止。現在リーディングトップ。

 徐君禮(Marco K H Tui)が8Rにて不良騎乗により国慶節開催より3日間の騎乗停止。

 福山では初のサラ・アラ混合レース。金杯でひどい負け方をしたバクシンオーがサラ相手に3番手から抜け出す競馬で快勝して復活。こんなこともできるのね。とは言っても、福山のサラのレベルはなぁ…。

posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック