主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年09月16日

9/16沙田日賽ほか

 どうにも週中に疲れが溜まっていたのか、はたまた風邪でもひいたのか、金曜日は飲みにも行かずに早めの就寝(と言っても1時くらい)。目が覚めたのは朝10時くらいだったので、やっぱり疲れていたのかなぁ。
 
 今日は大村でアナウンス講座の同期が実況初鳴きということでレジャーチャンネルを朝からつけてスタンバイ…と思ったら大村は中継ないでやんの。やむなくネット観戦。やむなく、とは書いたけど、ちょっと前ではできなかったこと。文明って有難いなぁ。
 その初鳴き。緊張感というか固さも伝わってくるけど、決して舞い上がってもいない。なので、固さからのミスはあるけど、グダグダになることもなくそのミスもきちんとリカバリできる。それだけじゃなくて、彼の持ち味である聞き手にぐっと力を入らせる部分もしっかり出ていて、むしろ聴いている自分の方にに余計に力が入ってしまったかも。勿論、修正すべき点が多くあるのも確か。でも、そんなのは本人も気づいていると思うし、それを一つ一つ修正して行くことこそが経験だというのも本人はよーく知ってること。その様を目にできることは自分にとっても大きな刺激でもあります。
 今回は大村だったけど、ビッグレースの大歓声が聞こえてきたような…ってのは誉めすぎかな?笑 
 
 
 さて、今日は沙田日賽。台風の後ですが馬場はgood。

 メインは8Rに組まれた第1班(110-90)芝1600mの廣州讓賽(GUANGZHOU HDCP)。10頭立てで、1番人気は3.7倍で好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba)でしたが、豐富(Wealthy)、喜得法(Hail The Storm)、闖關東(Danehill Express)までが6倍以下で最低人気も奮鬥心(Agility)の28倍と人気が割れた一戦となりました。
 自由武士(Liberal's Choice)がノシをつけて逃げる展開。直線に入ると3番手集団から萬事喜(Nilometer)と喜得法が前に踊り出て叩き合いに。それを中団後方から好[父/巴][父/巴]が一気の脚でまとめて料理。さらに出奇(Cheeky)が最後方から強襲し2着に。

 第9Rは2班の廣東讓賽盃(THE KWANGTUNG HDCP Cup)、芝1600m。初の2班戦ながらも1番人気に支持されたの好輝煌(Supreme Class)が中団から抜け出して快勝。これで5戦3勝の4歳馬。距離もこなせそうで楽しみな1頭。

 第7Rに行われた芝1600mの4班を勝った飛象過河(Flying Bishop)のタイムは1.34.1。たぶんクラスレコード。
 手綱を取ったのは[ン先]文諾(M Nunes)でこれで移籍2勝目。他の移籍組は依然未勝利。

 第10Rで加得勁(Calcando)に騎乗して2着した高雅志(F Coetzee)が不注意騎乗で2日間の騎乗停止。

 
 04/05シーズンの皇太后盃(Queen Mother Memorial Cup)と05/06シーズンの百周年紀念銀瓶(Centenary Vase)を2着した百勝駒(Luckswell)が退役。香港だけで走り67戦6勝。最高評分は104。 ←恥ずかしいミス(^^;)。百勝駒は昨シーズンいっぱいでとっくに退役。

 このたび退役したのは、百勝駒じゃなくて精梳王(Super Combed)。04/05、05/06シーズンの香港冠軍[既/旦]遮打盃(HK Champions & Chater Cup)をそれぞれ4着、3着し、全8勝中6勝が2200mという香港では珍しいコテコテのステイヤー。当然、香港では出世の遅れるタイプで、この馬もまんまとその口に。香港だけで走って30戦8勝。最高評分は110。

 もいっちょ。アルゼンチンの3歳G1を制した後、告東尼(A Ceuz)厩舎に移籍した加州之光(Californiasunshine)も退役。香港では7戦1勝。最高評分は94。
posted by つちやまさみつ at 23:37| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック