主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年10月25日

ヴェンジャンスオブレイン急死

 とても悲しいお報せ。

 ニュージーランドのCambridge Studで余生を送っていた06/07シーズンの香港馬王の爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)が、今朝死亡したとのこと。馬主である周漢文(H M Chow/レイモンド・チョウ)氏によると、今朝Cambridge Studより連絡が入り、暴れることなく眠ったまま亡くなっていたそう。直接の死因は明らかになっていないものの、現役時より心臓が弱かったことから、これに起因するものではないかと推察する。

 爪皇凌雨といえば、香港調教馬として初めてDubai Sheema Classic(杜拜司馬經典賽/ドバイシーマクラシック)を制したほか、香港における2000mの重賞競走(香港打吡大賽(HK Derby/ホンコンダービー)、女皇盃(QE2C/クイーンエリザベス2世カップ)、 香港盃(HK Cup/ホンコンカップ)、香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ)、香港盃預賽(HK Cup Trial/ホンコンカップトライアル)、百週年紀念銀瓶(Centenary Vase/センテナリーヴァーズ))を全て制覇。同一シーズンにおける香港打吡大賽→女皇盃→香港冠軍暨遮打盃(HK Champions & Chater Cup/ホンコンチャンピオンズ&チャターカップ)連勝達成もこの馬のみ。間違いなく、00年代だけでなく香港競馬史を代表する名馬であった。個人的にはディープインパクトと遜色ない実力の持ち主だったと思っている。

 合掌。
posted by つちやまさみつ at 17:35| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック