主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年08月27日

またまた福山

060827Fuku1.JPG

 梶原もじゃ氏の引退記念冠レースを見届けるために、半ば押しかけ同然で日帰りで福山へ行ってまいりました。
 前日にエアを手配したのですが、帰りの広島→羽田が満席だったので、帰りは岡山から。距離的なもの以上に岡山からの方が安くてラッキー。
 
 そんなわけで往きは広島空港から福山駅までバス、そこから無料バスという前回と同じルート。
 競馬場に着くと広報の方とばったり。本人一行(といっても浅野靖典さんとの2人だけ)は昼過ぎの到着ということなので、それまでは馬券に集中。なにしろ、福山に行く旨のメールを送るには送ったけど、現地での合流時間とかはなんにも決めてなかったし。

 
 お盆開催の後に砂の入れ替えを行ったということで、傾向を掴もうとレースを見ていると、見るからにコースが固そうで、前半の下級条件から時計が速いのなんの。それもあってか、ほとんどのレースが先手必勝。ハナさえ叩ければもう確変状態といった様相。この傾向を第2レースの時点で掴んだことで、続く3,4レースを固いながらも三連単で仕留めました。その後にも7レースで大振りが当たってこの日は足代以上にプラス。

 4レースが終わるとほどなくして、もじゃさんと浅野さん登場。場内を歩きながら、ふくやまFMの西田シゲさんを紹介したり、そば→やきそば×2→ラーメンをハシゴというカーボローディングプレイをしていたら、あっという間にメイン(?)の9レースの時間。
 パドックに向かい、馬の気配を見ていると、もじゃ氏が何やらごそごそと取り出した。

060827Fuku2.JPG

 こ、これが、関係者を震え上がらせたという「競馬デスノート」だ!!一見人畜無害に見える小さなノート。しかし、ひとたびページを開くとその禍々しいオーラが罫の間から漏れているようにも見える。
 でも、答えは簡単。ここに書かれた馬を買わなければいい話。デスとハサミはなんとやらです。・・・で、書かれたのは

060827Fuku3.JPG
060827Fuku4.JPG え?おれ?


 書かれてしまったのは、なんと1番人気のパラディース君。展開に左右されるタイプで、デスノートがなくとも「いかにも」危険な人気馬。オッズパークでは対抗評価にしていたけれども、ここは敢えて無印に。かくして「ライター梶原もじゃ引退記念」のゲートが開いた。

060827Fuku5.JPG

 無理繰りハナを叩いたテイクウインがスイスイと一人旅。このレースも逃げ切りで決着。新しい門出には相応しい名前の馬が勝利を飾った。パラディースはなんと5着。恐るべし、デスノート。
 その後、最終レースまで遊び倒し、競馬場を後に。局地的に盛り上がった冠協賛レースも成功に終わりました。急に押し掛けたのにも関わらず、温かく迎え入れてくれた梶原さん、浅野さん、どうもありがとうございました。
 

 ほーんの少しだけ香港の話題。
 03/04シーズンの冠軍一哩賽(Champions Mile)の勝ち馬である水星(Figures)は新シーズンも現役を続行。開幕初日の特首盃(HKSAR CE's Cup)から始動の予定。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福山競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。