主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年08月14日

福山2日目

 起きてテレビをつけたら東京が大停電のニュース。
 まんまと我が家も被害のど真ん中にあることを知り、朝から凹む。帰宅してみると、やはりHDDレコーダーの時計機能が狂っており、クラスターカップが録画できていない…。


 さて、福山競馬2日目。前夜のうちにある程度原稿を仕込んでから競馬場へ。
 この日のメインはやはり金杯。初めて古馬重賞に挑むバクシンオーと迎え撃つラピッドリーランがどんなレースをするのか、「にわか」でありながらこれだけワクワクできる自分の性分に感謝です。
 
 
Rapid080801.JPGBakushin080801.JPG
左:ラピッドリーラン 右:バクシンオー

 オッズパークでは2頭の一騎打ちと書いた手前、馬券的にもこの2頭をワンツーにした三連単を買いましたが、どーーーーもバクシンオーの出来があまりよく見えないのと、福山における先行したい馬が先行できなかった時の成績の悪さから、ラピッドリーラン1着付けのホーエイスナイパーとサンキュウローレルへの三連単を購入。
 で、結果はというと、ラピッドリーランが出は悪かったもののうまく先手を取って逃げ切り。外枠が災いし先手を取りきれなかったバクシンオーは3コーナーで失速し、まさかのしんがり負け。2着にホーエイスナイパー、3着セイコウ、4着サンキュウローレル。悔しすぎ!!

 それでも馬券は絶までは行かないまでも好調。途中、原稿を送るため中抜けさせていただきながらも、全レース参加で6鞍的中でした。
 そんな気分の良さも、帰りのあいのりタクシーでの憤慨で吹っ飛びました。あんなクオリティで続けるならやめて正解かもしれませんね、と思う出来事。

  
 Shargar Cupの結果。巫斯義(G Mosse)は1勝3着1回、韋達(D Whyte)は2着1回4着1回という成績。てことは、ブレーキはやっぱり福…(以下略)。

 金紫荊奨(香港アカデミー賞)が発表。注目していた「伊莎貝拉」は梁洛施(Izabella Ryon)が最優秀新人賞に当たる最佳新演員を獲得したのみ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福山競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。