主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年08月13日

福山初日

 香港警察の殉職者が英雄視されるというお話は以前に書きましたが、その殉職者たちは「浩園」という特別な墓地に埋葬されることになっています。映画「インファナルアフェア(無間道)」でも出てくる墓地、といえばお解りになる方も多いのではないでしょうか。その「浩園」には現在30の墓があり、墓碑には個人の遺影が彫り込まれているのですが、そのうち先日埋葬されてまだ墓碑のできていない曾國恒のもの一つを除いて全ての遺影が傷つけられているということが、お盆に突入した香港で判明したとのこと。
 多少のアレな事件はそれなりにある香港でも、死者への冒涜にあたるような一線を越えるような事件はなかったはずなのですが…。


 さて、13日、14日は福山競馬に訪問です。お仕事をいただいているので還元の意味合いを込めてと、やはり金杯で話題のバクシンオーが見たくてという動機。
 例によって、朝までモソモソとやってたせいで徹夜でフラフラになりながら羽田空港へ。ANAのあいのりタクシーのお迎えサービスがまだあったら、と思うのですが、そのあいのりタクシーもどうやら9月いっぱいで全サービスが終わってしまうということでもう夢のまた夢。単価上げていいから続けて欲しいなぁ。
 お盆なのに特割料金が設定されていたこともあり、往きは15000円程度。わずかな時間だけれども、寝に集中したかったのでスーパーシートにしてもらいました。しかしこれが自分にとっては中途半端なシートピッチだったので、逆に体が痛くなってしまい、ヒットポイントはあまり回復せず。
 広島から福山まで、いいタイミングのバスがあったのでそれに飛び乗る。ガン寝であっという間に福山駅前に到着すると、これもまたいいタイミングで競馬場行きの無料バスがあった。
 暑い暑いとは聞いていたのですが、お盆の福山は本当に「暑い」の一言。これは香港の方がまだ過ごしやすかったかもしれないぞ、とも思うほど。が、福山競馬場はデロデロに溶けてしまいそうな暑さでも、意外なほどに施設が過ごしやすくできてました。CSなどで見る映像だけですとレースのだけですから、ややもすると野暮ったいスタンドをイメージしてしまいそうなのですが、下手すると空調の効いたエリアの割合は大井なんかよりも多くてしかも効率的に配置されているような気がするほど。驚いたのが特観席の一つが、中2階くらいのフロアにあること。もちろん空調完備。目の高さとしても、コース際と大して変わらないわけですから、人気もかなりあるわけで、あっという間に満席になってました。

 また競馬場内にあるコミュニティFM局レディオBINGOの「うまうまサウンドステーション」のスタジオにもお邪魔させていただきました。この番組、当地福山では絶大な人気を誇っている番組ということで、その昔、開催があるのに平日のためレギュラー番組を優先させたところ、苦情が殺到したという逸話もあるほど。
 斬新なのが実況のスタイルで、なんとBGMを流すというもの。「グリーンチャンネルにわざわざ加入して独学で覚えました」というシゲちゃんこと西田さんの実況に合わせて、テンポのいい曲から勝負どころに差し掛かると曲もガラッと激しいテンポのものに変わっていくのがなんとも新鮮!「競馬ゲームをイメージした」というモーちゃんこと森さんがおっしゃっておりましたが、まさにそんな感じ。賛否両論ありそうですが、硬派な部分は本場の実況に任せて、と考えればビギナー向けとしては全然アリなんじゃないでしょうか。
 この日はモーちゃんの予想が大爆発。「馬券を買わないと大穴が当たるんですよ。」と語る笑顔が印象的でした。

 ちなみに自分は、というと250倍の三連単を的中。1日プラスで気持ち良く終えました。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福山競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。