主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年06月01日

デレク・リョン見習い卒業

 ぐはー。書いたの全部消えたー。

 跑馬地夜賽。

 第5Rに3班1650mのカップ戦、木球會錦標(CRICKET CLUB VALLEY STAKES)。
 断然人気の魔幻大師(Crown Witness/クラウンウィットネス)が好枠から先手を取ると、スイスイとマイペースに逃げてそのまま押し切り勝ち。2着も2番手を追走した化工之昇(Charmgold/チャームゴールド)が入り、以下も行った行ったの結果。

 第2Rの4班1650m戦で心路(My Way/マイウェイ)に騎乗して勝利した何澤堯(C Y Ho/ヴィンセンt・ホー)はこれで香港45勝目となり、減量特典が−5ポンドに昇格。

 第4Rの4班1200m戦で多多昇(Star Of Fame/スターオブフェイム)に騎乗して勝利した梁家俊(K C Leung/デレク・リョン)が香港70勝を達成。これにて見習いを卒業し自由身騎師に。


  朝から東京競馬場へ。自由行(Thumbs Up/サムズアップ(サムザップ))がこの日一旦香港に戻る調教師の意向で、1時間早めに馬場入り。…で、間に合わず。方嘉柏(C Fownes/キャスパー・フォウンズ)師とも会話できず。

 一旦帰宅して車を置いてから浦和へ。さきたま杯。ラブミーチャンはジーエスライカーより遅い分失速すると見て軽視し、そのジーエスライカーとナイキマドリードも持ってるのにスーニがいないという痛恨。こういうのは取っておきたかった。ラブミーチャンが過剰に人気を集めていたと思っていただけに。というか、ダートグレードではラブミーチャンって揃えないといけない条件が多い気がする。

 帰りは目黒さん@ハッツオフプロジェクトで来場の車に便乗させていただき帰宅。やはり山手トンネルは富ヶ谷で降りてしまえば劇的に楽チンなのであった。ありがとうございました。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。