主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年05月29日

ビバパタカ引退戦は3着

 今シーズン最後のGr1、冠軍暨遮打盃(Champions & Chater Cup/チャンピオンズチャターカップ T2400m 3yo+ 香LGr1)。1番人気は今シーズンGr1で3着2回の火龍駒(Mighty High/マイティハイ)
 前走同様にスローの逃げ切りを目論む威利旺旺(Super Pistachio/スーパーピスタシオ)好先生(Mr Medici/ミスターメディチ)のラビットとして出走の邦先生(Mr Bond/ミスターボンド)が絡みつく展開。向正面では縦長になるも3コーナー辺りから馬群が凝縮して4コーナーではほぼ一団で、直線に向いてヨーイドン。先行勢が真っ先に脱落し、内から爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)、中から火龍駒、外から好先生が抜け出す。さらに爆冷の脚が上がり、外2頭の叩き合いをわずかに火龍駒が先着。
 勝った火龍駒は重賞2勝目でGr1は初勝利。母のBernimixaはPRIX DE POMONE(法Gr3)の勝ち馬で、叔父のMiraculousもPRIX GLADIATEUR(法Gr3)を勝っている良血のステイヤー。この秋はMelbourne Cup(墨爾本盃/メルボルンカップ)を目指す、と。
 また3着の爆冷はこのレースを以って引退を表明。このレースでも賞金を加算して、香港歴代最高獲得賞金記録を更新。

  第10Rに沙田銀瓶(Sha Tin Vase/シャティンヴァーズ T1200m 3yo+ 香LGr3)。人気は連勝が期待される萬事佳(Multiglory/マルチグローリー)
 その萬事佳が先行して2番人気の傾力之城(Leading City/リーディングシティ)が突っつく展開。萬事佳にしてみれば前走より1秒速く、直線に向いてお釣りはなし。早々に傾力之城が先頭に立つも、中団でレースを進めた點心(Dim Sum/ディムサム)が残り200mで外から先頭に。馬群をこじ開けながら新力勁(Sunny King/サニーキング)が追い込んでくるも、これを3/4馬身しのいだ點心が1着。


 マカオで発売された日本ダービーの結果はこちら。配当いいねえ。



 月曜発売の週刊ギャロップに安田記念に出走する香港馬に関して書きました。よろしくお願いします。

 雨の日本ダービー。台風の影響は雨だけでよかった。ただ、ただでさえ人の集まる日、加えて雨となると導線が動きにくいのは仕方なし。あっちからこっちにちょっと移動するだけでも普段の倍くらい時間を要したような気がした。
 雨ということを考慮して、それっぽい脚質とそれっぽい実績を重視して組み合わせたら、結果は良馬場だったら本命対抗だった馬のワンツー。にしても、青葉賞勝ち馬ってダービーでは勝てないですよね。NHKマイルCから転戦での勝ち馬がそれなりに出てるから、レース間隔の問題ではないと思うのだけど。越えられない壁ってアレを感じる。…と書いた来年勝ったりして。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。