主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年05月07日

スーパーピスタシオ香港重賞初勝利

 沙田日賽。

 第7Rに香港唯一の長距離Gr3重賞、皇太后紀念盃(Queen Mother Memorial Cup/クイーンマザーメモリアルカップ T2400m 3yo+ 香Gr3)。香港経典盃(HK Classic Cup/ホンコンクラシックカップ)、香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)と連続2着の一言為定(Let Me Handle It/レットミーハンドルイット)が人気の中心。
 威利旺旺(Super Pistachio/スーパーピスタシオ)が先手を取って、前半1200mが1.18.18というドスロー。直線に向いて2番手の火龍駒(Mighty High/マイティハイ)曬冷王(Jacobee/ジャコビー)、さらに後方から一言為定が次々と前に迫るが、威利旺旺が最後まで凌ぎきってゴール。2着に曬冷王、3着に火龍駒。
 威利旺旺は香港移籍後、これが初の重賞タイトル。移籍前の2歳時にはイギリスでCHAMPAGNE S(英Gr2)を勝ち、3歳時にはPOULE D'ESSAI DES POULAINS(仏2000ギニー)、PRIX DU JOCKEY CLUB(仏ダービー)と連続3着していた。当時の名前はWestphalia。今後は冠軍遮打盃(Champion & Chater Cup/チャンピオンアンドチャターカップ)を直近の目標にし、下半期はSingapore Gold Cup(新加坡金盃/シンガポールゴールドカップ)遠征を視野に入れる、とのこと。ってか、あれって海外からも出走できるんですか??

 この日4勝を挙げた韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は、國寶(National Treasure/ナショナルトレジャー)で勝った第9Rで、香港通算1300勝を達成。

 第3Rで白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)が危険騎乗を行い2開催日の騎乗停止と4万HKDのペナルティ。

 第8Rで梁家俊(K C Leung/デレク・リョン)がレース中にムチを落とし、これで何度目だ!ということで2開催日の騎乗停止。


  府中に…は行かず、黙々と作業。ホントに作業ばっかりで、外出したのはほんの1時間にも満たなかった。

 で、作業の途中で見つけたのがこれ。「なんの作業してたんだよ!」と突っ込まれるといや〜と頭をポリポリするしかないのであるが、それは横に置いといて、山手線。しかも牝。このオーナーの狗には他に、「淺草線(Asakusasen)」とか「川越線(Kawagoesen)」とかがいて、もしかして鉄っちゃん?と思いきや、「噴射線(Flash Sen)」とか「雷射線(Laser)」とかも居て、もう何がなんだか。ちなみに稼ぎ頭は淺草線。都営、侮れず。
 しかし、上には上がいた。別の狗主でその名も「新幹線(Fool I Am)」。英語名はなんでこうなっちゃったのかはさておき、ここまで17万HKD稼いでいる。しかも1班で安定した成績。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック