主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年04月29日

ガラパーティーでした

 澳門[乙水]仔夜賽。

 第5Rにこの時期お馴染みのマレーシア・セランゴール競馬場との交歓競走、雪蘭莪賽馬會親善盃(SELANGOR TURF CLUB GOODWILL CUP)。Sand1500mの2-3班戦。これと女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)のガラパーティが重なってしまって、セランゴールの皆さんはガラパーティに出席できず。なんとかならんかったものだろうか。
 閑話休題。
 大外枠に関わらず早めに先団に取り付いた勝利上將(Victory Admiral/ヴィクトリーアドミラル)が、3コーナー過ぎで早々に先頭に立つとそのまま押し切って勝利。

 第4Rに1班Sand1300mの阿什伯頓(THE ASHBURTON)。
 合浦勇將(Happy Gladiator/ハッピーグラディエイター)喜勁歡笑(Super Smile/スーパースマイル)が並んで先行。4コーナーで合浦勇將がコーナーワークで抜け出すと同時に、喜勁歡笑が鐙がすっぽ抜けたのか鞍上の招錦雄(K H Chio/チュウ・カムホ)が落馬。前がバラけたところで4番手を追走した聯一穩勝(Luenyat Confidence/リュンヤッコンフィデンス)が一気に伸びて合浦勇將を楽々交わして勝利。


  朝、調教から戻ってTVをつけるとロイヤルウェディング一色。そうでないのは映画チャンネル、ディスカバリーチャンネル、経済チャンネルくらい。この時点でイギリスは朝6時ごろ。なのに、もうすごい人の出。王室の人気凋落が問題になっていると聞いていたけど、まだまだ熱心な王室支持者は多いようだ。というか、祝福するのに相応しい人はみんな素直に祝福したいのだろう。
 なーんて思いながらこの日は細かい締め切りの連続。全部やっつけた頃にガラパーティに向かう時間。今年のガラパーティは会場がハッピーバレー競馬場の特設会場で、自分が出たこれまでのどれよりも小規模のものであったけれども、それが逆にコンパクトにまとまっていていい具合の空間になっていた。競馬場でパーティというのも普通に考えればかなりの非日常的空間。しかも、それほど競馬場という感じを受けない。小さくまとまっているように見えて、綿密なホスピタリティの上でこの場が提供されているのだろう、と考えてみた。
 しかし…、飲みすぎた。ホテルに戻る頃には結構な頭痛であった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック