主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年04月25日

エクステンション移籍初勝利が国際G1

 沙田日賽。

 メインは第9Rの冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル T1600 3yo+ Gr1)。人気は天久(Lucky Nine/ラッキーナイン)が一本かぶりだったのが、スタート間際に軍事攻略(Xtension/エクステンション)も並ぶほどに。

P4258084.jpg

 百威勝(Presvis/プレスヴィス)がお約束の立ち遅れ。スタートを決めた締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)は2歩目からが遅く、一旦は歩歩穏(Able One/エイブルワン)が前に行くも、じわ〜〜と締造美麗がハナへ。なのでペースは今ひとつ上がらず、前半800mが48秒後半。当然終いの差し比べになって、じっくりと4番手を追走した天久が抜け出したところに、中団の内ラチ沿い追走から4コーナーで外に持ち出した軍事攻略が一気に突き抜けて勝利。天久は大外から伸びた果敢決斷(Musir/ムシール)をなんとか凌いで2着を確保。百威勝は展開が向かなかった上に直線も出しどころが無く、いい脚を使うも6着。5着だった飛銀動力(Sparkling Power/スパークリングパワー)と11着の庭園華座(Royal Bench/ロイヤルベンチ)はともに右前を落鉄、13着の歩歩穏は左前を落鉄。しかも、3コーナー手前で危険騎乗があったため、岳禮華(D Oliver/ダミアン・オリヴァー)は5月9日から3開催日の騎乗停止。
 軍事攻略はこれが香港移籍後初勝利。移籍前には英国でVINTAGE S(英Gr2)勝ちなどがある。今後はロイヤルアスコットに遠征する計画で、秋はCox Plate(覺士盾)への遠征プランも。国際レースになって以降、牡馬の勝利はこれが初めて。2着の天久、4着の締造美麗、10着の自由好(Thumbs Up/サムズアップ)は安田記念に遠征の意向。3着の果敢決斷、6着の百威勝はシンガポールに転戦予定。


  第1Rに今シーズン最初の新馬(Griffin)戦。評判馬の熊英雄(Bear Hero/ベアヒーロー)が芝1000m戦にも関わらず、楽々と4馬身3/4も突き放して勝利。

 第11Rの2班芝1400m戦は転入2戦目の續領風騷(Zaidan/ザイダン)が勝利。転入前には昨年のRACING POST TROPHY(英Gr1)8着がある3歳牡馬。



 ということで終日取材。日本馬も出ないし、ヴィクトワールピサも回避してしまったので、プレスルームはかなりガラガラ。メインまでほぼのんびりな雰囲気。わしは、といえば、メインの他にはクマーニ調教師や、当日やってくるヨーロッパの乗り役の話聞ければ、という腹づもりだったのだが、予期せぬ展開に巻き込まれて、慌しく過ごすことに。特にメイン前後は上に下にの移動祭り。それでも合間に自分の馬券もちゃっかり買っていて、メインをはずしたくらいでこの日はプラス計上。
 指南役からコーディネーター役までこなし、プレスセンターを出る頃には保安職員以外誰もいなくなっていて、タクシーで帰るハメに。近いから良かったけど。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。