主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年04月22日

本日も国境越え

 出走予定だった女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)を回避したヴィクトワールピサ(比薩勝駒/Victoire Pisa)は、4月27日に帰国の途に就くとのこと。

 入れ替わり?というわけではないけど、女皇盃に出走予定の西國浪人(Gitano Hernando/ジターノエルナンド)が香港に到着。ジターノなの?ヒターノなの? でもって、エルナンドなの?ヘルナンドなの? という悩みは尽きないけれども、わしはジでエを採用。誰か正解教えて。


 ヴィクトワールピサはいないけど、この日の朝も国境を越えて調教へ。何故ならミールクーポンをもらっちゃったので、じゃなくて、ロベール・コレ調教師とマイク・デコック調教師のコメントをもらうため。ヴィクトワールピサがいなくなっても仕事しないと干上がってしまうので、こうなった次第。これがどうなるかもまだ判らんのだけど。
 調教の後は前日開設したプレスホテルのプレスルームで作業。こちらも回線がサクサクしてありがたい。猛烈モードで原稿を仕上げて、あとはのんびり時間いっぱいまでまったり過ごし、国境を越えて本日も宿に帰るのであった。
 ところで、深センといえば、国境を越えてすぐなのに完全に中国。明るさが節電モードの東京とそっくりなんだけど、内包するエネルギーのベクトルが、今の日本とは正反対。もっとも、深センには自粛する理由はないんだけど。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック