主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年04月21日

ヴィクトワールピサQE2カップ回避

 女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)に出走予定だったヴィクトワールピサ(比薩勝駒/Victoire Pisa)が、右後ろ脚に軽いハ行が見られたため、同レースの出走を取り消し。使おうと思えば使えないことはない、とのことですが、先々があることと、もはや中途半端な状態で使っていい馬ではなくなったので、とのこと。リザーブから何方神聖(Semos/シーモス)が繰り上がり。

 冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)に出走予定だった勁飛寶(Flying Blue/フライングブルー)が熱発のため同レースを回避。リザーブから一昨年の勝ち馬である勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)が繰り上がり。


 …ということで、朝から右往左往。
 前日同様に国境を越えて沙田馬場。しかし、ここでヴィクトワールピサがこの日馬場に入らない旨の連絡を受ける。この日の朝は急遽角居調教師が様子を見に来るということと、前日の軽めの調教と合わせてむむむ?とイヤな予感。結果、ヴィクトワールピサの回避の報せを早々に入手。但し、賽馬會からの正式リリースがあるまで公表を控えて、ということでほぼ半日、口にチャック状態であった。もっとも、北海道の方が先に知ってたみたいだけど。
 この辺りの経緯は競馬総合チャンネルの特集と週明け発売の週刊ギャロップに掲載されるでごわす。

 やきもきしながら午後は冠軍一哩賽の枠順抽選。わし的には初のハッピーバレーのクラブハウス(本部とは別)。クマーニ厩舎のアシスタントに、ボスはいつ来るの?と聞いたら、「レースの朝に来て、レースの夜に帰る」と。慌しすぎだろっ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック