主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年04月19日

マカオJCで写生会

 女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)に出走予定の雄心威龍(Ambitious Dragon/アンビシャスドラゴン)の鞍上が、当初予定されていた紀仁安(M Guyon/マキシム・ギュイヨン)から韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)にスイッチ。レース当日、サンクルーで行われるPrix du Muguet(山谷百合錦標/ミュゲ賞)でByword(諺語/バイワード)に騎乗するため。

 洋紫荊短途錦標(Bauhinia Sprint Trophy/ボーヒニアスプリントトロフィー)で香港での重賞初勝利を飾った金徳寶(Sweet Sanette/スイートサネット)は、5月1日の短途錦標(Sprint Cup/スプリントカップ)には出走せず、直接ロイヤルアスコットのKings Stand S(皇席錦標/キングズスタンドステークス)に向かうとのこと。


 マカオの[乙水]仔馬場で4月22日に16歳までの学生を対象にした、馬の写生会が開かれる。年齢別に3カテゴリに分けられ、上位入選者には奨学金として最高2200HKDの賞金が授与される。金出るのか(笑)



  香港へ。例によって前夜は寝損ね。眠い目をこすって、余裕をもって羽田へ。プレミアムエコノミーで楽だったということもあってか機中は爆睡で、ようやっと食べた機内食はもう台湾を越えようかという頃であった。だったら最後まで寝てろよ、という話でもあるが。
 この日の課題は、下記の2点をどう順番つけるか。
 @ハッピーバレーの香港賽馬會本部にプレス証を取りに行く(これがないと翌朝競馬場に入れない)
 A宿のある深センに行く
 香港国際空港から見ると、方向があっちとこっち。成田から高崎に向かうか、横浜に向かうか、そんな感じである。当初、ガラガラと荷物を引っ張って行くのがかったるいと思ったのであるが、冷静に考えてみると、先に宿に荷物を置くと国境を1往復半するハメになる。と考え、ない知恵を絞ったところ、
 空港から湾仔まで空港バス
 ↓
 湾仔から香港賽馬會本部の目の前まで行くバス
 ↓
 香港賽馬會本部近所から旺角東まで行くバス
 ↓
 旺角東からMTR東線で羅湖
という、かなりベストと思えるソリューションに行き着いた。実際これがおそらく大正解でさほど難儀もせず香港賽馬會本部にも羅湖にも到着。深センのホテルも、イミグレから荷物を引っ張って行くのはちょっとイヤな距離ではあったけれども、さほど労せずに見つかり、20時過ぎには宿でまったりとできたのであった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。